rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ORIGINAL SIN #5
【2014/08/30 23:45】 アメコミレビュー
フューリーが語りだした真実。
それは1958年の話にまで遡りました。
兵士達と共にカンザスで謎の宇宙人と戦っていたフューリー。
今までにも彼は何回か宇宙人と遭遇し、
捕獲したこともあれば殺してきたこともあります。
しかし今回は違いました。
今まで遭遇したことの無い猛攻。それはまさしく侵略でした。
街の全てを破壊しては謎のゲートから10分毎に
別の場所にワープで現れる敵に仲間を全て失い苦戦するフューリー。
しかしそこに謎の戦士が現れ、宇宙人達を次から次へと倒していきます。
やがて彼は最後に敵の一人に突撃して倒れました。
そこに駆けつけるフューリー。重傷を負った男に彼は話しかけます。
「動かない方がいい。大丈夫か?」
「どうせ動けんさ。これは恐らくスクラルの仕業だ。
こんな名も無き奴らの仕業じゃない。
いいか、スクラルに気をつけろ。近いうちに奴らは…ぐううっ!」
そう言って謎の戦士は息絶えました。
するとそこに新たに走ってくる人影があります。
「おい、あれを見たか!?ウッディ、一緒に…」
男にフューリーが銃を突きつけます。
「それ以上近づくな。」
するとその男は自分が人間だと説明しフューリーに話しかけました。
「すまない、フューリー大佐だな?私はハワード・スターク。」
「あんたの名は知っている、教えろ…この世界を救って死んだ男は誰だ?」

そしてスタークはフューリーを秘密工場へと連れて行きました。
スタークは工場の中を歩きながら説明をします。
宇宙人に侵略されたのは今回が初めてではないこと。
大量の宇宙人が今までに何度も侵略に来ているが、
それをあの男…ウッドロウ・マッコードの様な男が防衛してきたこと。
自分達が今いるロッキーマウンテンが政府のものではなく、一人の男のものだと。
そしてその男は人間の全滅を防ぐための壁を守っていたことを。
スタークは工場の中にある明らかにオーバーテクノロジーの
数々をフューリーに見せながら続けます。
宇宙人のテクノロジーを漁って、この技術を手に入れたと。
そしてこの技術を政府や組織のために使うのではなく、地球のために使っていると。
人類を脅威から守るために使っているのだと。
そしてスタークはさらに続けて言いました。
その男はかなり前に既に死んでいる。だが壁を死守する男がいなければならない。
そして最後にスタークはフューリーに聞きました。
「ニコラス・ジョセフ・フューリー大佐、君はどれぐらい自分の星を愛している?」

original_sin_5.jpgそれからしばらくして。
ある星で異形の異星人達が地球侵略の話をしていました。
しかし代表格の異星人が突然何者かに狙撃されます。
「俺は迷う事無くその仕事を選んだ。
物心付いた頃から兵士やスパイをやってきた。
それまでとなんら変わらない仕事だ。
ただ少し規模がでかくなっただけのな。
それから俺は地球人を食おうとする宇宙人やら、
ニューヨークを侵略しようとした化物やら、
地球を住処にしようとした
異世界の神などを一人で暗殺し続けた。
S.H.I.E.L.D.長官に就任した後も、その仕事は続いた。
誰にもその事実は伝えず、自分以外は信じない。
それからさらに何年か経ち、
ハワード・スタークもこの世を去った。
もはや俺の仕事を知る者は俺以外誰もいなくなった。
数え切れないほどの獲物を殺し、世界を燃やし、
宇宙を不安定に陥れ、神々を失脚させた。
それが壁を守るもの。
別の化物を寄せ付けないための化物になるということ。
永遠に知られる事もなく、見られる事もない。」

「…簡単に言えば、これがお前達がここにいる理由だ。」
フューリーの長い説明が終わりました。
「何か質問は?」
その言葉にストレンジが答えます。
「まだ真実を語りきっていないだろう?」
すると突然オーブが苦しみだしました。
「そいつは依然として月で盗んだものを取り込んだままだ。
取調室に連れて行け。もう時間が無い。」
何が起きたのかと聞くアントマンにフューリーが答えます。
「俺がいつもやってる仕事をするだけだ。」
さらにブラックパンサーが聞きました。
「ウォッチャーに一体何が起きたんだ?」
その質問に年老いたフューリーが辛そうな表情で答えます。
「死んだ。そして今度は…俺の番だ。」


一言で言えば、フューリーさんが一人で地球を守るために宇宙人を狩りまくっていましたと。
…あれ、それって今まで彼だけの秘密だったの?
むしろそれがメインの仕事だとばっかり思ってましたけど。
何か凄く重大な話をしたっぽいのですが、全然読者にその凄さが伝わってないような…
そんな周知の事実なんか話してくれなくていいから、さっさと老けた理由と
ウォッチャーが死んだ理由を話してくださいよ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
「ウォッチャーは俺が殺った」くらい言うのかと思ったら・・・
この程度の秘密ってシールドもソードもしょっちゅうやってますよね、それこそ個人のヒーローでさえも。
地下に潜るハメになったシークレットウォーの意味がないんじゃあ・・・
【2014/08/31 04:26】 URL | サントス #- [編集]
 
>サントス様
基本的に侵略してくる敵に対しては毅然とした態度で武力対抗しますからね。
ヒーローは大概異星人を倒してる気がしますが。殺してはいないのかな?
ヒーローに対して後付で悪い設定を足すのはもう勘弁して欲しいんですけどね。
【2014/08/31 22:44】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/735-ae1afa92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。