rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ORIGINAL SIN #3
【2014/08/26 23:51】 アメコミレビュー
リアル目玉親父こと、オーブが手に持ったウォッチャーの目を掲げると、
そこから発せられた光がヒーロー達を直撃。
その効果は各々に隠されてきた秘密が暴露されるという強烈なもの。
original_sin_3.jpg
知りたくなかった秘密、知ることで怒りに震える秘密。
様々な秘密が一度に暴露され、困惑するヒーロー達。
ただ一人、何故か全く秘密を暴露されなかったフューリーがオーブに銃口を向けます。
しかし彼はおとなしく手を挙げると彼に降伏しました。
「僕は君と同じさ。秘密を知りたいだけだ。
誰がウォッチャーを殺したのか。僕が殺したわけじゃないからね。」

アベンジャーズタワーに拘束されたオーブにウルヴァリンやハルクが
怒りの形相で問いかけますが、オーブはフューリーが来れば全て話すと言い、
二人には何も答えません。それを別の部屋から見ていたフューリー。
傍らにはオーブから取り上げたウォッチャーの片目が置いてあります。
秘密を知ったことで、スパイダーマンやデアデビル達はチームとして機能できなくなりましたが
それでも仕事をこなしているキャップに連絡を取るフューリー。
「お前は何を見たんだ?」
その問いにキャップが答えます。
「…それは任務じゃないだろ。」
通信を切るとフューリーは、ウォッチャーの片目を手に取りました。
「キャプテンアメリカでさえ何かを見たんだな。
そしてキャプテンアメリカ自身は何も秘密を持っていない。
俺は数え切れないほどの秘密を持っている。…なのに何故俺には何も見えなかったんだ?」

一方、宇宙で調査を行っていたウインターソルジャー、ガモラ、ムーンナイトですが、
ウインターソルジャーが何かに気付き、姿を消していました。

「…もう片方の目玉は誰が持っているんだ?」
一人そう呟くフューリーの背後に誰かがテレポートしてきました。
「何だ…?バッキー?お前…どこから…」
その瞬間、ウインターソルジャーは何も言わずにフューリーの心臓を撃ち抜きます。
「バッキー…何故だ…」
「もう隠し事は無しだ、ニック。俺達の罪からこれ以上逃げるな。」
そして彼はナイフを手に取るとフューリーの首を切り落としました。
「もう秘密は無しだ。」


現時点で#7まで出てるので先の話まで読んでしまっていますが、
この時点では何故ウインターソルジャーがフューリーを惨殺したのか!?と謎が深まる展開に。
オーブの行動によって、今まで隠してきた様々な秘密を知り合ってしまったヒーロー達。
これは影響範囲がでかそうです。取りあえずソーに妹がいましたなんて新事実も発覚。
あとデアデビルも自分の母親を殺した犯人を知ったみたいですね。
この影響が、タイイン各誌で描かれてるのでしょうか。
普段読んでいない作品のタイインまで買ってないので私は把握できていないので
情報を持っている方は教えてください。

今回少し面白かったのは、冒頭でオーブが今回の敵の一人であるドクター・ミダスに
会いに行くというシーンがあるのですが、そこで行われたミダスとの会話。
「まずはそのマスクを取れ。」
「これはマスクじゃない。」
「マスクじゃないだと?じゃあどうやってお前は喋ってるんだ?」
「長い時間をかけて声を生成する技術を…」

そりゃ頭が目玉だけじゃ、確かにどうやって喋ってるんだって話になりますよね。
オーブさんは頑なに、この目玉が頭でマスクを被ってるわけじゃないと力説してますが。
何でもこのオーブさんは2代目とやらで、初代さんは普通に目玉の形をした
マスクを被ってるだけの老人だったそうです。…謎の多いキャラクターだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/733-3117c925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。