rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GUARDIANS OF THE GALAXY #13
【2014/04/13 22:11】 アメコミレビュー
シーア帝国に乗り込んで皇帝グラディエーターと激突する若X-MEN & GoG & スタージャマーズ。
一方でその隙をついて若ジーンも逃走し、その場に姿を現します。
十代の小娘とは思えない貫禄でグラディエーターを睨みつける若ジーン。
「貴様が最後のグレイだ…お前の最期を以ってして…」
そう呟くグラディエーターの前で若ジーンの姿が変貌していきます。
そして見たことのない姿に変身した若ジーンがグラディエーターを吹き飛ばしました。
guardians_of_the_galaxy_13-1.jpg
そのまま暴れまわる若ジーンにグラディエーターが向かって行きますが結果は相打ち。
若ジーンもグラディエーターも互いに倒れます。
そこでインペリアルガードのオラクルが停戦を宣言しました。
「あのジーン・グレイは、もう貴方が恐れている存在ではありません。」
とグラディエーターを諭しますが、彼は頑なにそれを拒みます。
しかしそこで若サイクもブチギレ。
「もう帰らせてもらう。もし僕達を追いかけてくるのなら…
もしまた地球に近づいてきたら…僕がお前を殺してやる。
冗談ではないぞ!もしお前がまたそんな事を考えてると少しでも耳にしたら…
僕は全てのミュータントを率いて、アベンジャーズを連れて、ファンタスティック・フォーもだ。
アスガーディアン、ミュータント、アトランティアン、ハルクみたいな怪物、
全部を使ってでもお前を跪かせる!」
そう言って自分を睨む若きX-MENにグラディエーターが言います。
「歴史は繰り返す。お前もいつか彼女の手で死を迎えるぞ。」
しかしそこで若ジーンが言いました。
「そんな歴史が過去に起きたかしら?X-MENは新たな歴史を紡ぎだすわ。これは全て新たな物語(ALL NEW)。」
その言葉を聞いてついにグラディエーターも彼女の抹殺を断念します。

guardians_of_the_galaxy_13-2.jpgそして帰路に着くGoGと若X-MENとスタージャマーズ。
新エグゼビア学園の前に降りた
彼らは互いに別れの挨拶を交わしますが、
そこでサイクが仲間に話しかけました。
「僕は父が死んだと思っていた。
もう孤児だと思っていた。
僕は君達が大好きだけど…父さんと一緒に行くよ。」
突然の宣言に仲間は驚き、
キティ先生は認めないと言いますが、
「父さんなんだ。」
彼は吹っ切れた顔でそう言いました。
そして若ジーンの頬に手を添えます。
「…僕達は結婚する。子供も出来る。
僕達の人生で楽しいことも辛いことも起きるそうだ。
…そして僕達は互いに知った。
僕達は一緒にいても幸せにはなれない。
多分これが僕達は幸せになれる道だと思う…」
そして彼はまだ出会って少ししか
経っていないX-23にも声をかけます。
「君は僕達の誰よりも必死に動いてくれた。
ローラ…彼らを守ってくれ。」
その言葉に悲しげな表情でうつむくX-23。
そして彼は父の乗る宇宙船で飛び去っていきました。

…若サイク責任感ゼロだな(笑)。
取り残された仲間達が「帰る方法見つけたらどうするんだよ?あいつ置いてくのかよ?」
とか愚痴ってましたが、本当に一方的な行動。
まあまだ若いし、死んだと思ってた家族が生きてたら一緒にいたいという気持ちも分かりますが。

別れ際に声をかけた女性二人の反応が、それぞれの個性が出ていて面白かったですね。
X-23は憂いた表情で黙って彼を見つめるだけ。
一方若ジーンは呆然とした表情で、その後怒りの表情。
でもサイクとジーンの相性の悪さはX-MENファンの間では有名ですから、
若サイクの判断はある意味間違ってないんですよね。
でもこうなると未来への影響としてケーブルやレイチェルが困った顔をしそうですが。

ジーンが今まで見たことのない姿に変身したのは今後への伏線っぽいですね。
数年前のグレイ家全滅話を今さら持ってきたりとアメコミは本当に
突然過去の伏線を使いますから、この設定も忘れた頃にまた出てくるのでしょう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
「自分の時代に戻ったら、そこで生きているはずの父親を探そう」だったら筋道が通るのですけどね……
ここのコルセアは若サイクの父親じゃなくて、こっちのサイクの父親ですし
「世界が違っても親子」という論理が通じるのならこっちのサイクはネイトを一家に迎え入れないと……
【2014/04/13 22:17】 URL | 名無し #cUBCj3oc [編集]
 
>名無し様
そうなんですよね。コルセアも黙って連れてかないで何か言えよと(笑)。
現代のサイクとも仲がいいって自分で言ってましたが、
どこかで通信した時に、傍らに若い自分を連れてる
父親を見てサイクが何と思うのか…

サイクは一応ネイトも家族と思ってて、昔は仲良く
釣りなんかもやってましたが最近は完全放置ですね。
そもそもネイトはどこに行ったんだ?
【2014/04/13 22:25】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
ちょっと若スコット無責任にもほどがありますよね。若ジーンのためにあれだけ啖呵きっといて、「父さんと一緒にいたいからチームから離れます」では筋が通らないなぁと思います。ただ若ジーンに言った言葉は確かにこの二人一緒にいても不幸しかないというのはどうなのかなと思います。確かに客観的に見てお世辞にもジーンとスコットの夫婦関係は幸せとは言い難いものでした。しかしそれは客観的に見たもので本人たちはどうだったのかなと思います。相性が悪かろうとも不幸な事しか起こらなかったとしても二人としては幸せだったはずです。スコット自身ジーンとの結婚式が最高の思い出だったはずなのに若スコットがそれなのはどうかなと思います。実際あの頃のX-MENが一番好きだったんですけど、こうやってスコットとジーンの結婚は失敗だったって事にして今までのX-MENを否定するのは非常に腹が立ちます。今までのX-MENは失敗だった。今のX-MENが正しい状態だというのは編集部の行き当たりばったりの展開の言い訳みたいで非常に腹が立ちます。ただ若スコットにとっては未来の話なので別れるのも仕方ないのかなとも思います。そしてこの原因を作ったビーストはいい加減X-MEN追放したほうがいいと思います。こいつ文句だけ言って何もしないと思ったら、何かしたらしたでロクな事しないし。後ローラに関しては自分もローガンとの関係がそうであったので引き止められなかったというのがあったと思います。後ローラに仲間を護ってほしいというのも一番の信頼からくるものとしたら本格的に若スコットとローラくっつくかも知れないですね。

後ネイトに関しては放置されっぱなしの現状で腹が立ちます。クローンのケーブルとストライフはX-FORCE VOL4でぶつかりあうという主役とヴィランの関係だというのにネイトはFearless Defendersでストレンジが助っ人に呼んだ時に出てきただけでそれ以降全く見てないです。一体何のために生還したのか、こんな事ならあのまま死んでたほうがよかったんじゃないのかとすら思います。一応今年の春にやるX-MENの映画の次はアポカリプスがメインの話となるらしいのでそれがエイジオブアポカリプスとなってくれるのを祈るばかりです。あの話にはマグニートー、ビショップ、ネイト、アポカリプスの存在が不可欠なので最近映画に合わせようとしてるのでそこで活躍するのを祈るばかりです。
【2014/04/13 22:47】 URL | 星羅 #ADJD0lrw [編集]
 
>星羅様
本当に何でネイトは生き返ったんでしょうね。
生き返った話でもそれほど重要な役割与えられてなかったし…
この業界は生きてれば生きてるだけ株を落として行く
恐ろしい世界なので確かに死んでたままの方が幸せったような。
【2014/04/13 22:52】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/721-b7a5c797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。