rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FANTASY MASTERPIECES #10
【2014/03/22 00:00】 アメコミレビュー
不定期でお届けする「古本屋で漁って来た昔のアメコミを適当に紹介するだけ」シリーズ!
二週間ほど続けてきましたが、取りあえず今回で最終回。
今回ご紹介するのは最後を締めるのに相応しい、かなりの時代物。
FANTASY MASTERPIECES #10。1967年の作品です。
これだけでも既に古いのに実はリプリント誌。
中身はALL WINNERS #19。驚きの1946年刊行。
何と第二次大戦終結の1年後です。本サイトのレビューとしても過去最古。

fantasy_masterpieces-10.jpgファンタスティック・フォー(1961年結成)や
アベンジャーズ(1963年結成)などより
はるかに時代を先取って結成された
オール・ウィナーズ・スクワッドの
結成ストーリーが収録されています。
そのメンバーはご存知キャプテン・アメリカを
筆頭に、彼の相棒であるバッキー、
そしてヒューマントーチとその相棒であるトロ、
さらにサブマリナー、ミス・アメリカ、
ウィザーという面々です。

ストーリーとしてはまだチームとして
活動していなかった面々が
ある日美術館に呼ばれます。
そこには"ISBISA"と名乗る怪盗が
氷河時代(Ice Age)
石器時代(Stone Age)
青銅器時代(Bronze Age)
鉄器時代(Iron Age)
鋼鉄時代(Steel Age)
という各時代を代表する展示品を盗み、
各ヒーローに挑戦状を叩きつけていました。
その挑戦状を元にヒーロー達は分散して各地で犯人(ヴィラン)を倒します。
しかし彼らは真犯人であるISBISAが集めた手下であり、
しかも彼らはヒーローが来るなどISBISAから聞いていなかったと言います。

ヒーロー達は一体どういうことなのかと再び終結して話し合い、そこで気付きます。
盗まれた展示品の各時代の頭文字をつなげると"ISBIS"となることに。
しかし、犯人の名前は"ISBISA"。最後のAとは何なのか…
そこでキャプテン・アメリカが気付きました。
AとはAtomic AgeのA。戦争を終結させたAtoimic…核爆弾こそが真の狙いだと。
彼らは急いで核爆弾の元に急ぎ、それを盗もうとする真犯人ISBISAを捕まえました。
そしてキャプテン・アメリカが言います。
「核の力は戦争に使うのではない!平和のために使うのだ!
全ての民がよりよい生活を送るために使うのだ!
来るべき核の時代(Atomic Age)は全ての民のためにあるのだ!」

想像以上に深い内容。現代にまで通じる痛烈なメッセージ性が込められています。
核爆弾が初めて使用された1年後。その時点でこのような作品が作られていたんですね。
しかしそれから65年以上経った今…世界はまだ平和なAtomic Ageに至っていません。

ストーリーとしては争ってばかりの現在の作品と比べ、
犯人を捜すという推理的な内容が込められているのもポイント。
こういった内容は子供が楽しめそうな展開で面白いですね。

ただサブマリナー…お前の顔は一体どうなっているんだ?(笑)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
ぶっちゃけ核=悪いものという図式は
冷戦に入るまでアメリカ人には無いもんだろうと思ってましたが
こんな早くからあったとは
サブカルは本当に時代を映す鏡ですね
【2014/03/22 03:18】 URL | とおりすがり #- [編集]
まさか戦後1年目で核に対するテーマを掲げた作品があるとは思いませんでした。こうやって見てみるとキャプテンアメリカの平和への思い、理想が尊いものだと思います。(ミュータントにも当てはめて欲しいものですが…。)

そしてこれを見てるとアメリカの理想と現実のギャップが見え隠れします。実際この後キャプテンアメリカはグランドディレクターという極右的な人物になります。(この作品ではまだスティーブ・ロジャースですよね?)
核を否定したキャプテンアメリカを極右的・反共的にする。民主主義とは誰もが意見を言えるというのが不変の理念があります。しかし戦後になって現在に至っても民主主義が完全とは言い難いと思います。自由主義の名のもとに格差が激しくなり、治安の名のもとに盗聴や人権侵害の見て見ぬ振りなど問題が目立つと思います。完全な平和・国家はないと思いますが、少しでも良い世界になって欲しいと今回の作品を見て思いました。
【2014/03/22 14:38】 URL | 星羅 #r13xZNus [編集]
 
>とおりすがり様
子供向けのコミックで描かれているというのが凄いですよね。
未来に向けてのメッセージを伝えたかったのでしょうか。

>星羅様
現在の設定ではキャップって確か戦時中に交代してますから
この時点では2代目か、もしかしたら既に3代目なのかも。
後付設定が多すぎて、この台詞すら陳腐に見えてしまうのは
本当にアメコミの悪いところだと思います。
【2014/03/22 21:43】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
つまり、この「核の力は平和のために、より良い生活のためにあるのだ」と言ったのは
スティーブでは無くグランドディレクターだったということに?

「今の観点から見たら、1950年代の正義は古くさく間違っていたのだ」なんて切り捨て方をしたら、
未来に「1990年代の正義や2010年代の正義は間違っていた」と、
今読んでいるスティーブ・ロジャースは偽者だったとされてしまうかもしれなくて嫌ですねえ……。

別の話では「過去から現在、未来にかけて連綿と正義の心は受け継がれ続けてきたのだ」みたいな事を言ってるはずなのに。
【2014/03/23 23:06】 URL | 名無し #cUBCj3oc [編集]
 
>名無し様
「キャプテンアメリカ」を名乗る者の志は、たとえ中身が
変わっていようが受け継がれていって欲しいですね。
その時に頑張っていたキャプテンアメリカが後付により
「偽者」の一言で全ての功績を無駄にされるのは悲しすぎます。
【2014/03/23 23:35】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
オール・ウィナーズ・スクワッドの結成当初ならおそらくこのキャップの中身は2代目のスピリット・オブ'76だと思います
【2014/03/28 12:21】 URL | 名無し #- [編集]
 
>名無し様
後付設定なんてまた数年後には変わってるかもしれないので
現時点での設定が意味を成さないのが何か虚しいですね。
でも少なくとも当時の子供達に向けてキャプテンアメリカが
こういった台詞を言っていたと言う事実だけは変えないで欲しいです。
【2014/03/29 00:27】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/715-4873209d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。