rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ALL NEW X-MEN #17
【2014/02/03 23:27】 アメコミレビュー
BATTLE OF THE ATOM 第6話

現在から数年後。
自分の肖像画が掲げられた巨大なポスターに囲まれながら
ダズラーがホワイトハウスの大きな椅子に腰掛けていました。
彼女の前に立つジーンやビーストが彼女を褒め称えます。
「史上初のミュータントの大統領ね。」
ホワイトハウスの外では大群衆が彼女の名を呼んでいました。
彼らは皆ミュータント。
後ろに勢揃いする未来のX-MENの前に立ちながら、
壇上に立ったダズラーが群集に手を振ります。
嬉しそうに支持者達に演説を始める新たな大統領。
しかし次の瞬間…空から放たれた炎の塊がダズラーの身体を貫きました。
battle_of_atom_6.jpg
ゆっくりと倒れる彼女。逃げ惑う人々。
どこからか飛来した化物の群れが民衆に襲い掛かります。
一瞬にしてホワイトハウスは阿鼻叫喚の地獄絵図と化しました。

その光景からさらに数年後。
未来のジーン・グレイ学園に時間転移をしてきたマジック達の前に自らをX-MENと名乗る
未来のジーン達とは別の集団が近づいてきていました。
「ここに来るべきではなかった。」
ウルヴァリンというコードネームを名乗る未来のジュビリーがそう呟きます。
彼女の横にいる他のメンバーは
アイアンマンのアーマーを装着しセンチネルXというコードネームを名乗る謎の男。
現代ではヤング・アベンジャーズの一員だったウィカン。
立派な髭を生やし、サー・ロバートを名乗るアイスマン。
フェニックスオーラを身に纏い、自身もフェニックスを名乗るクエンティン。
髪を短く刈り上げたストーム。そして…
「イリアナ?」
中央にいた全身鋼鉄の男がマジックの名を呼びました。
「ピョートル?」
マジックがそう呼び返すと鋼鉄の男は嬉しそうに彼女を抱き上げます。
「君か!!」
彼は未来のコロッサスでした。
親しげにマジックと会話を始めた彼にジュビリーが走り寄ります。
「今すぐ元の世界に帰りなさい!未来を知るべきじゃない!」
頑なに自分達を拒絶するジュビリーにマジックは聞きます。
「この世界のX-MENを名乗る彼らは何者なの?
お願い教えて…何が彼らをあんな風にしてしまったの?」

あの地獄の光景から数刻後。
屍となって横たわるダズラーを前にしてビーストが座り込んでいました。
焦土と化した街の中で兵士達が銃を手に行き来しています。
「ヘンリー、もうそろそろ行こう…ここにいても何も無い。」
そう言って彼に近づくコロッサスとサー・ドレイク。
しかしビーストは怒りの形相で彼らに叫びます。
「奴らは我々を憎んでいた。いつもそうだ。我々が何をしても奴らは我々を叩きのめす。
我々は今度こそは今度こそは違うと信じてきたが決して変わらない。
1歩進んで2歩下がるだ。我々は馬鹿だった。我々は本当に馬鹿だった。」
「犯人を我々で見つけようじゃないか。探しに行こう。」
そう言うコロッサスをビーストが睨みます。
「…そしてどうする?」

ジーン・グレイ学園ではマジックの問いかけに
やはり未来のX-MENは何も知らずに帰れと言い放ちます。
しかし若アイスマンが未来の自分に聞きました。
「少なくとも何で僕が魔法使いみたいな格好になってるのかは教えてくれよ!
それにもしそこにいるのが未来の僕なら、
あの悪いX-MENと一緒にいたアイスハルクは何なんだよ!?」
その質問にサー・ドレイクは答えようとしますが、またジュビリーが割って入ります。
「マジック!もう帰りなさい!あなたのチームを連れて帰るのよ!!」
そこで黙っていた若ビーストが口を開きました。
「君たちの助けを得られるまで帰れない。」
フェニックスが苦々しげに若ビーストを睨みます。
「地獄へ堕ちろ、マッコイ。マジでな。」
しかし若ビーストは表情を変えず同じ言葉を繰り返します。
「君たちの助けを得られるまで帰れない。」
「このマッコイを今すぐ太陽に投げてやったら頭痛の種が消えるんじゃねぇか?」
フェニックスの言葉にストームが冷静に言います。
「投票で決めましょう。彼らを助けるか否か。」
「投票など必要ないわ!」
ジュビリーがすぐに反論しますがコロッサスが賛成意見を出します。
「仲間が問題に直面していて、その原因の一部は我々に責任がある。
怒っているだけでは事態は進展しない。」

そして現代。
新エグゼビア学園にサイク達がブラックバードで戻って来ました。
「ミュータントとミュータントが争うってのは…」
「君の言うとおりだ、ファビオ。そんな事は…」
サイク達が歩きながら話していると突然閃光が彼らを包みます。
「奴らか!?」
「尾けて来たの!?」
X-MENに緊張が走りますが、彼らの前に立っていたのは未来のジーン達ではありませんでした。
「皆…未来の本当のX-MENを紹介するわ。」
そこにいたのはマジックと過去のX-MEN。そして彼女達が連れてきた未来のX-MENでした。


4ヶ月ぶりの更新ですが、うちのブログじゃ長期放置なんて日常茶飯事なので気にせず普通に再開(笑)。
アメコミなんて基本月刊誌なんで4ヶ月放置しても4話ぐらいしか進みませんし。

さて、どうやら未来ではあのダズラーがミュータント初の大統領になったようです。
現代では今はS.H.I.E.L.D.のスパイなので、不思議な感じですね。
しかし即暗殺…。何故殺されたのか、誰に殺されたのは後半で明かされるのでしょうか。
ビーストが怒りに震えていましたが、悪い予感しかしねぇ(笑)。
またこいつが元凶かよ。
未来のクエンティンが若ビースト殺したら万事解決じゃねとか言っていましたが正解です。
10年位前のNEW X-MEN誌でも未来でビーストが悪の親玉に
なってる話がありましたが何が彼を狂気に走らせるのか。
ある意味マグニートーやアポカリプスよりもタチが悪い。

逆に現代ではいつも理不尽に怒って暴れまわってる
コロッサスが未来では凄まじく冷静な頼れる紳士に。
何が彼を冷静に走らせたのか。
背中にマジックの剣を携えているのですが、それが何か関係しているのでしょうかね。

しかし未来のX-MENは変な構成ですね。
見た目は殆ど変わっていないストームとコロッサス。
ちょっと雰囲気変わったけど面影を残しているジュビリーとフェニックスとサー・ドレイク。
(未来のジュビリーはウルヴァリンと名乗っているのですが、
ややこしいので本ブログではジュビリーと呼びます。)
全く面影を残していないウィッカン。
そして謎のセンチネルX。彼の衝撃的な正体は次巻で明かされますが今はまだ謎ってことで。

これで「サイク達&未来のX-MEN&過去のX-MEN」 VS 「ウルヴァリン達&未来の悪X-MEN&過去のX-MEN」
という構図になりましたが、今って本来はテロリストのサイク達が悪ポジションじゃないといけないんですよね…
ぶっちゃけ今回のストーリーってサイク達が真相を解き明かし、
ウルヴァリン達が汚れ役を担っていく展開になっていくんですが、
サイクファンの私から見てもその展開はどうなんろうって感じです。まあ全体の総括は改めて最後にしますが。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
更新お疲れ様です。
なんかもう未来と現在と過去とキャラが入れ混じって
訳わからん状態になってますね
誰がどこのチームで何をしているのか状態です(笑
【2014/02/04 22:01】 URL |   #GDMnerkk [編集]
 
>名無し様
コメントありがとうございます。
今回の話は文章で状況を説明するのに、いちいち「過去の」「現代の」「未来の」
を付けないと意味が伝わらないので、本当にやりづらいです(泣)。
【2014/02/05 00:23】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/691-dcdc9407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。