rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


UNCANNY X-MEN #12
【2013/10/10 23:03】 アメコミレビュー
BATTLE OF THE ATOM 第4話

ヘリキャリアでもX-MENの身に起きた情報は伝わっていました。ヒル司令官が叫びます。
「ヘンリー・マッコイめ!ブチ殺してやる!
人はウルヴァリンがやりたい放題だと言うが、あいつにはまだ節度がある。
サムライとしての節度が。ヘンリー・マッコイこそやりたい放題だ!
私はあいつが憎くて仕方が無い!!!
私は嫌ミュータント派ではないしミュータントに恐怖も感じていない!!
ただ純粋にヘンリー・マッコイが憎いんだ!!!
法に逆らえば…といってもここで言っているのは自然の法という意味だが…
どうなるのか思い知らせてやる!!
ニューヨークタイムズが嗅ぎ付けるか、どこかの子供がブログに載せるか、
アベンジャーズの誰かが気付く前にヘンリー・マッコイを見つけて来なさい!!
X-MENが月を吹き飛ばす前に見つけるのよ!!」
「月…ですか?」
意味が分からずそう聞く部下にヒルが頭を抱えながら答えます。
「…夢で見たのよ。」

その頃ユートピアでは若サイクと若ジーンの二人を新エグゼビア学園の教師と生徒達が囲んでいました。
サイクが二人を生徒達に紹介します。
「あなたはまだ最強のサイキック女王じゃないみたいね。」
「私達の心の中は読めないの?」
カッコウズ達が興味深々で若ジーンに話しかけます。
「セレスティ、フォービー。ジーン・グレイへの妬みは感心しないわね。」
エマがそう注意すると、
「あなたから学んだのよ、お母様!」
とカッコウズが皮肉たっぷりに返します。
そしてエマとカッコウズはジーンにやり方を説明し、彼女の心の中にある記憶をX-MENの前に投影させました。
目の前に映し出された未来のX-MENの姿に驚きを隠せない一同。
しかしマジックだけは違いました。彼女は既に会った事があると言います。
しかしどこで会ったと聞くサイクに対し、彼女はテレポートでどこかに移動してしまいました。
続けて若ジーンが言います。
「私達は帰りたくない。私達はこの時代に残って新たな未来を築きたいの。
だからあなた達に助けを求めてきた。…お願い。」
battle_of_atom_4.jpgサイクは何も答えず一人、
ユートピアから海を眺め続けます。
彼が答えを出すまで黙って見守る
新エグゼビア学園のメンバー。
やがて彼は答えを出しました。
「我々は彼らを助ける。」
しかしその決断にエマが反対します。
救いを求めるミュータントに
手を差し伸べるのは当然だと言うサイクに対し
ただ単に昔の恋人を救いたいだけではないかと
厳しく指摘するエマ。
マグニートーも慎重に考えるべきだと意見します。
そのまま討論に入る三人。
「もういいよ!」
そこで若エンジェルが叫びました。
「僕達がこの時代にいるせいで未来が
滅茶苦茶になるのにまだここにいるって?
もう帰るしかないだろう!」
「彼らの好きな様にさせてあげましょうよ、ウォーレン。
あなたは帰ればいい。でも彼らはここにいれば…」
テンパスがそう言うとクリストファーが彼女に聞きます。
「問題は彼らがグループとして来た事じゃないのかい?
ならグループで帰らないと。」
「その通りだ。ありがとう、クリストファー。
もし僕だけが帰っても問題は余計酷くなるだけだ。それに…」
そこまで言って若エンジェルが横を指差します。
その指の先にいたのは…いつの間にか上陸していたウルヴァリン達と未来から来たX-MEN。
「家に帰りましょう。」
ゾーンがそう言って前に進みます。
そのままゾーンが前に進むと若ジーンが苦しそうに頭を押さえました。
「頭から出て行って!」
そう言って能力を使う若ジーンですがゾーンには効きません。そのまま倒れこむ若ジーン。
しかしそこでエマがカッコウズを従え、割り込んできました。
「私が彼らを送り帰す為に未来のX-MENをここに呼んだの。
サイクロップスの考えは間違っているから。
でも未来から来た鉄化面のジーン・グレイについて誰も触れようとしないわね。」
若ジーンの記憶にはありませんでしたが、エマはゾーンの正体に気づいていたのです。
そして彼女はゾーンを挑発します。
「あなたは誰かとサイキックバトルをしたくてウズウズしてるんじゃない?
あなたは自分を蔑ろにする者を痛めつけないと気がすまない性分。
ならここでブラッククイーンとホワイトクイーンで決闘をしようじゃない。」

最後の最後でいきなり斜め上の展開に。
若サイクたちを送り帰すのには賛成だけどゾーン(っていうかジーン)には喧嘩を売る。
明らかに10年前のサイクと浮気した時に半殺しにされた恨みをまだ根に持ってますね。
…恐ろしいお人や。でもよく考えると、序盤のカッコウズとのやり取りもこの展開の伏線かな。
サイクに対しても若い亡妻を助けたいだけだろと突っかかっていましたし、
やっぱりいまだにエマさんはジーンに色々複雑な思いがあるんでしょうね。

今回面白かったのは冒頭のマリア・ヒル劇場。
このUNCANNY X-MENという作品では完全にお笑い担当の彼女ですが今回もお怒りのご様子。
しかし今回はサイクではなくビーストがその怒りの矛先の様で。
ブチ殺してやるとは穏やかではありませんね。
挙句の果てには最近はX-MENが夢にまで出ている様子。
夢の話を始めた司令官に対する部下の呆れた顔が今回のオチでした。

次回はジーンとエマとの久しぶりの大喧嘩が見られそう。
前回はエマが廃人状態になるまでボコられましたが今回はどうなるのか。
苛烈な女の戦いは次号を待て!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
恨みからなのかあるいは男を取られるかもしれないという恐怖心からなのか
ただでさえ若いのが出てきて気が気じゃないのに、大人ジーンも出てきてエマさんは心休まる暇がないですな
いつまでも赤毛への未練が断ち切れないスコットさんも悪いんですが
さて、今回の大人ジーンはフェニックスフォース無しバージョンなのかな?
【2013/10/10 23:40】 URL | Buzz #J8TxtOA. [編集]
 
実はジーンじゃなくマデリーンってオチはないよね?
【2013/10/11 01:24】 URL | 名無し #- [編集]
 
オチのブラッククイーンVSホワイトクイーンも燃えましたが、冒頭のマリア・ヒル劇場はもっと良かったですねえ。自ら評判を下げ続けるハンク・マッコイに対する読者の気持ちを代弁してる気がします。
【2013/10/11 09:15】 URL | 寿屋 #- [編集]
 
三人いますが、どのマッコイ?w
【2013/10/11 10:18】 URL | 名無し #- [編集]
 
>Buzz様
もうサイクとは何の関係もないと言ってますけどね。本心はどうなのか。
フェニックス無しジーンの自力はどれぐらいなんでしょうか。

>名無し様
今やマデリーンもシニスターによって大量生産されてますからね。
一匹ぐらい残ってても不思議じゃありませんが…

>寿屋様
本当に今回のヒルさんの言葉は読者の代弁ですよね。
何であの青色、誰にも罰せられないんだろ?

>名無し様
AOA世界から来たダークビーストも含めて4人全員じゃないですか(笑)。
【2013/10/11 23:43】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
>何であの青色、誰にも罰せられないんだろ?
この世界はアヴェンジャーズメンバーには妙に甘いですな、他にもいろいろやらかしてるメンツ多いし。
【2013/10/12 02:13】 URL | サントス #- [編集]
 
「ハンクって名前の奴には碌なのが居ない」が全アース共通でのことわざになりそうな予感がしますね。
【2013/10/12 15:59】 URL | MangyDog #- [編集]
 
>サントス様
でも創立メンバーのハルクには厳しいですよね。

>MangyDog様
アメリカでハンク君がイジメの対象になっていない事を祈るばかりです。
【2013/10/12 20:58】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/686-afff16a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。