rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AGE OF ULTRON #6
【2013/05/14 23:48】 アメコミレビュー
過去の世界に訪れたウルヴァリン。
しかし彼はインビジブルウーマンも来ている事に気づいていました。
「何やってんだ?お前はフューリー達と一緒に未来へ自殺ミッションに行ったと思ってたが。」
「直前で考えが変わったの。」
「どうしてまた?」
「あなたの目を見て分かった。あなたが何をしようとしてるのかね。」
「俺を止めに来たのか?」
「正直に言うと…分からないわ。頭の中では何が正しくて何が間違ってるのか分かるけど…」
「そんなに複雑な話じゃないさ。」
「とても複雑よ。私達は道徳観の…」
「違う。自分自身に聞いてみろ。自分の子供を守るためなら人を殺せるか?
誰かがお前の子供の喉元にナイフを突きつけてた。お前はそいつを殺すだろう?
何も疑問なんか無い。これは百万倍の価値だ。一人の人間の命で何百万もの命が助かるんだ。」
「何十億よ。」
「ああ、そうだな。何をすべきか分かるだろう。」
そして二人は歩き出しました。
その時彼らの前に信じられない人物が現れます。それは若き日のニック・フューリー。
当時の最先端である飛行自動車から降りた彼は、後に秘密基地を作る洞穴へと入っていきます。
二人はその間に彼の車を盗み、サベッジランドからアメリカへと飛び去って行きました。

そしてウルヴァリンは迷うインビジブルウーマンを外に待たせて
若き日のピムの研究所に侵入します。
彼は横たわったドラゴンマンを前に研究に没頭していました。
「まだ作ってねぇみたいだな?」
突如浴びせられたその声に彼が振り向くと、そこには見知らぬ男が立っていました。
「君は誰だ?」
「未来のクリスマスの亡霊だよ。」
「入る場所を間違えたようだな…」
「いいからよく聞け、小僧…
俺はそう遠くない未来から来た。全てが…お前も愛した全てが無くなった世界からな。
お前のせいでだ。」
「名前を聞かせてくれないかい?」
「俺の名前を聞きたいって?俺は未来の無い未来から来た男だ。」
「僕が誰だか知っているのか?」
「そこが問題だ、ピム…俺が来た世界ではおまえの事を誰もが知っている。
俺はお前を止める者だ。お前にはどんなチャンスも残させねぇ。」
ウルヴァリンがそう言って爪を出すと同時に、ピムが巨大化して彼に襲い掛かりました。

そして未来では、キャップ達がニューヨークに着いていました。
しかしそこはもはや完全に別世界。まさにウルトロンの世界です。
「美しい…」
「トニー!」
思わず感嘆したアイアンマンをキャップが叱ります。
「すまない。これはまさに悪夢だ。だがこの光景はどうだ?
技術力の最高傑作じゃないか。」
アイアンマンがそう言っていると、
彼らに向かってウルトロンの兵士達が大量に襲い掛かってきました。
そのまま戦闘に突入するウルトロン部隊と、残されたヒーロー達。
しかしその数はあまりにも桁外れに差がありました。
次々と倒れていく歴戦の勇士達。

その頃、過去の世界でもウルヴァリンとピムが戦っていました。
腹を切り裂かれうずくまったピムの首にウルヴァリンが爪を当てます。
しかしその爪は見えない力に止められ動かせません。
age_of_ultron_6.jpg「外で待ってろと言った筈だぞ!!」
ウルヴァリンが叫んだその先には、いつの間にか
インビジブルウーマンが立っていました。
「スーザン?スーザン・ストームか?
一体何なんだ?彼を私から離してくれ!」
「こいつはお前の夫を殺したんだぞ!
お前の子供達を殺したんだぞ!!」
「でもこれは越えてはいけないラインよ。」
「俺とお前だけの問題じゃないんだぞ!
全てが無くなった!今さら何がある!?」
インビジブルウーマンの目から涙が流れました。
「スーザン、私がそんな事を…」
ピムが彼女にそう言い掛けたところで…
ウルヴァリンの爪が彼の首を切り裂きました。
「それでどうするの?」
インビジブルウーマンの問いにウルヴァリンが答えます。
「俺達を待ってる奴らのところに…故郷に帰るぞ。
この判断が正しかったんだ。」


ついにウルヴァリンがやってしまいました。
事件の黒幕の元となる、
まさに字の通り"元凶"を殺すという行為。
過去のピムにとってはたまったものではありませんね。
かつて同じような発想でまだ若かった頃のマグニートーを殺しにリージョンが
過去に行ったときもマグニートーがリージョンに言っていました。
おまえは犯してもいない罪で俺を裁くのか、と。
インビジブルウーマンは最後まで葛藤していましたが、
この行為が正しかったのか、難しいところです。
普通に考えれば間違っていますが、このような世界になってしまっては、
この行為だけが救いの道ですからね…

過去を変えてしまったせいで次回からは未来が激変するのでしょうが、
それならもう未来チームはどうなってもいいやと編集が考えたのか、
最後に惨殺の嵐。
あのキャップまでもが首を跳ねられて殺されたりとやりたい放題。
age_of_ultron_6-2.jpg
スーザンさんは過去に来て正解でしたね…

そういえば昔のピムはインビジブルウーマンは知ってましたがウルヴァリンは知らなかった模様。
ということは、まだウルヴァリンがX-MENに入る前の時代だったのかな。
ウルトロンを作った時代が正確にいつ頃なのか把握してないので、そこら辺が分かってなかったり。
もっと勉強しないといけないなぁ(焦)。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
ウルヴァリンは「成功したビショップ」になっちゃいましたね。
未来の存在が説明も無しに殺しに来るってのは、
どうも好きに成れません(ターミネーターじゃないんですから)。
まあ、ウルヴァリンは色々含んだ業を背負う覚悟有っての行動だと、頭では理解してるんですがねぇ。
うーむ、どうしても馴染めません。

えー、ウルヴァリンとウルトロンの年代に関してですが、
彼のボディの材質は、ウルヴァリンの爪と同じアダマンチウムです。
ボディがアダマンチウム製に成ったのは、マーク6の時です(1969/Avengers #66)。
ご存知かもしれませんが、アダマンチウムの初登場はこのエピソードです。
という事は、ローガンがウェポンX計画の被験体になったのは、
少なくともこの事件の後ではないかと思われます。
つまり、ピム博士が最初のウルトロンを作った時には、
「ウルヴァリン」という存在さえ居なかったのではないでしょうか。
【2013/05/15 02:20】 URL | MangyDog #- [編集]
 
刊行年号的にはウルトロンは1968年のAvengers #54に初登場でGiant-Size X-Menは1975年ですから大分前ですねぇ。でもMARVELの時間軸までは分からないですね
【2013/05/15 04:09】 URL | TAKOMA #- [編集]
いやローガンついにやっちゃいましたね。前にも過去改変についての私の考えは言ったのでここでは言いませんけどこれでもうローガンはリージョンやビショップのこと何も言えなくなっちゃいましたね。なんかuncanny x-forceでサイロックがビショップの心を覗くと獣がいたので今までの外道なヴィランになった理由がついに明かされるのでしょうか?(個人的にはX-MENに戻ってきてほしいですね。ビショップ好きだし彼のやったこともすでにそこまで問題じゃないか、忘れられているし)もしビショップが帰っってきたら今までの行動とローガンの今回の行動でひと悶着ありそうな気がします。

本当に過去のまだ犯してない罪のために殺されるのもおかしくもありやむを得ないこととも感じます(ここまで破滅的だとねぇ・・・)後まさかミスターファンタスティックはともかくフランクリンまでやられているとは思いませんでした。彼の能力ならウルトロン倒せんじゃね?とすら思います。(それいったらドクターストレンジ、ソー、ケーブル、ブラックボルトぐらいなら倒せそうですけどどうなっちゃったでしょうか?)ヴァレリアも多分死んでるんでしょうね。ドゥームも悲しむでしょう…。

そしてインビジブルウーマンは最後まで迷いましたが結局ローガンの凶行を見守るしかできませんでした。誰が悪いとはいえません。ただ時間は改変されたという事実が残りました。これからどうなるかはわからないですが、変えた結果より悪くなったAOAのようにはならないことを祈ってます。もしそうだったら納得するまで過去を改変し続ける地獄のマラソンになるからです。ところでAOAの最後でビショップ(AOAの時間を経験した方)は消滅しましたが、ローガンとインビジブルウーマンは消滅しないかが心配です。

>ピム博士が最初のウルトロンを作った時には、
「ウルヴァリン」という存在さえ居なかったのではないでしょうか。
これにはびっくりしました。なんか初登場から20年くらいウルヴァリンやってるイメージがあったので
【2013/05/15 18:36】 URL | 星羅 #ADJD0lrw [編集]
 
>MangyDog様
いつも情報ありがとうございます。
後付設定が多い世界なのでどこまでが考えられてあるのか分かりませんが
ウルヴァリンってこの頃はまだコスチュームすら着てなかったんですね。

>TAKOMA様
改めて見るとウルトロンって1968年にはもういたんですね。
45年前からいるのか…
それでいまだに大型クロスオーバーのボス役を担えるって凄いな。

>星羅様
今回は強キャラが軒並み死んでるんですよね。
だからこそ絶望感がより強まっているのですが。
最近はヒーローの強さがインフレ化してるのでこうでもしないと
話が成り立たないのは少し問題がある気もしますが。
【2013/05/15 20:12】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
わきわく しますね(^O^)
この展開(≧ε≦)
でも もしかしたら フューリーの 予想ってか 予定通りだったのでは ウルヴァリンとスパイダーマンを残し 未来に 無謀な殴り込みって 解せないですもね ピーターいれば 機会動かせるし ウルヴァリンは そういう行動でるだろう みたいな?
でも 過去を改変しても 新たな時間軸の未来が出来るだけな気もするんですが… パラレルワールド? どうなるのか 今後も楽しみに してますm(_ _)m
【2013/05/19 21:30】 URL | スパイディー #- [編集]
 
>スパイディー様
フューリーが言うには未来で戦ってる間に現代の自分達がいる場所を
襲われたら元も子もないので、その防衛に残したそうですが、
本気で未来で勝てる気だったんでしょうかね。完敗してますが。
ウルヴァリンが独自行動してなかったら本気で「MARVEL HEROES 完」でしたよ。
過去を変えても違う時間軸が出来るのと言うのは時間ものの基本の話ですが、
これで結局パラレルワールドになるんでしょうかね。
【2013/05/19 22:43】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/657-624b54f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。