rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AGE OF ULTRON #4
【2013/05/12 23:23】 アメコミレビュー
目の前に浮かぶヴィジョンの姿に驚きを隠せないルーク・ケイジ。
ヴィジョンは彼を見つめながら淡々と言葉を発します。
「ウルトロンは君を聞いている。ウルトロンは君を見ている。」
「あん?奴はどこにいるんだ?」
ルークがそう聞くとヴィジョンはしばらく黙り込み…
「彼は未来から制御しているんだ!彼は私達を未来から眺め、そして制御して…ぐわあああっ!」
そう叫ぶとまた黙り込みました。
「あのロボット野郎…ここに居もしねぇのか?」
ルークがそう呟くと、
「話は分かったわ。」
ルークに担がれていたシーハルクがそう言って起き上がりました。そして、
「あなたがここで見たことを全部トニー・スタークに伝えて。」
そう言うと彼女はルークを思いっきり外に投げ飛ばしました。
一斉に彼女に襲い掛かるウルトロン達。彼女は懸命に戦いますが多勢に無勢。
やがて頭を撃ち抜かれ絶命します。

age_of_ultron_4.jpg一方、外に放り出されたルークにも
ウルトロンが襲い掛かります。
ですがウルトロンの攻撃ですら
彼の強固な皮膚には傷はつけられません。
そこで彼らは早々に最後の手段を用いました。
ルークの周辺を包囲する大量のウルトロン。
そして彼らは一斉に自身を爆発させます。
それは核の攻撃と同程度の威力でした。

その頃、サンフランシスコのフューリーの
隠れ家に逃げ込んでいたムーンナイトと
ブラックウィドウは、隠してあった
フューリーの書類を読んでいました。
そこに書かれていたのはフューリーが
想定していた世界の終焉のシナリオ。
「こんな状況を想定してたって?」
「何せフューリーだから。
全ての状況を想定してるわ。」
「こんな状況すらも?」
「こんな状況すらもよ。」
「で、何が書いてあるのさ?」
「フューリーは緊急の掩蔽壕を
他にも幾つか持ってたみたい。
その中の一つが世界の終焉に備えてあるそうよ。」
「歩いて行ける距離なんだろうな?」
「サベッジランド。」
「サベッジランド?ほ…他には無いのかよ?」
「私達に出来ることは、ここから抜け出して南極に向かうことだけね。」

そしてキャプテンアメリカ達もニューヨークから脱出するべく移動を開始していました。
インビジブルウーマンの能力で姿を消しながら、ストームの能力で風に乗って一気に移動します。
そして8日間が過ぎ…

キャップ達はサベッジランドに着いていました。
そこで彼らを待っていたのはサベッジランドの王、ケイザー。
彼はキャップ達に付いて来いと言ってジャングルの奥に進みます。
そこにあったのは小さな集落。
ウルヴァリンとエマはその入口で微かなルークの気配を感じます。
「彼は核を生き延びたのね…でも彼のところには行かない方がいいわ…
何とか飛行機でここまでは来たみたい。彼はウルトロンの秘密を知っている。
私達があいつのところに行けないのは、あいつがこの世界にいないからだそうよ。
彼は私達を未来から攻撃しているの。ヴィジョンを中継にして。」
その言葉にトニーが言いました。
「ヴィジョン?我々の仲間のヴィジョンか?」
しかしそこでウルヴァリンが悲しげに言います。
「あいつ…もう…」
エマが仲間に言います。
「彼は本来ならあの攻撃で死んでいた。でも私達に何をすべきか言うまでは死ねなかったのよ。」
「何をすりゃいいんだ?」
ウルヴァリンの質問に後ろから声がしました。
「ウルトロンを倒す。」
そこにいたのはレッドハルクとムーンナイトとブラックウィドウ。
彼らもサベッジランドに辿り着いていたのです。

ルーク・ケイジさん、格好いい…っ!
仲間に情報を伝えると同時に絶命。
エマの見ない方がいいという言葉からも、相当の状態であった事が想像できます。
何せ核攻撃の中心に居たんですからね。
エネルギーや炎は皮膚で防げても、さすがに放射能は無理でしょうから。
彼を逃がすために自身を犠牲にしたシーハルクも格好いいです。
…ただこの作品、簡単にヒーロー死にすぎですよね(焦)。

そして今回は衝撃の事実が。何と敵は未来から攻撃してきていた!
…確かX-MENでもこの前、セカンドカミングで未来から大量のニムロッドが襲い掛かってきてましたが
エマとかウルヴァリンは「またこのパターンかよ…」とか心の中で思ってたのでしょうかね。
少しインパクトに欠けてる気がします。

次回からついにヒーロー達の反撃開始でしょうか。
この絶望的状況からどう立ち向かってくのか。楽しみです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
これ本当に正史なんですよね。どうやって収集つけるんですかこれ?ただでさえ少ないヒーローがシーハルク、ルーク・ケイジ、ヴィジョンまで死んじゃって死んじゃってやってけんの?と不安になります。話によるとウルヴァリンとインビジブルウーマンが時間を飛んでハンク・ピムを殺しに行くそうですけどこれってエイジオブアポカリプスのリージョンと同じじゃんと怒れるのとでもここまで破滅的だとなぁと納得したりと複雑です。でも一番すごいのはニック・フューリーですよね。そんなの良く予想できたと思いますよ。ところで今ケーブルとかスカーレットウィッチとかどうしてんでしょうか?なんだかんだいって最強のミュータントのケーブルとかノーモア行っちゃえばすぐ終わるスカーレットウィッチとかがいればなんとかなるんじゃね?と思うんですが、肝心な時に役に立たんなと泣けてきます。(というかどうでもいいときは迷惑なくらい能力遣ってくるくせにww)

9月にX-MEN系のタイトルやるみたいですけどそれまでに終わるですかねこれ?
【2013/05/13 19:11】 URL | 星羅 #ADJD0lrw [編集]
 
>星羅様
日本の漫画と違ってアメコミは結構
「過去を変えれば今いる未来が変わる」って発想が多いですよね。
スカーレットウィッチさんはNo moreが強烈過ぎて、
今後数年間は何かイベントがある度にあいつはどうしたって言われてそう…
【2013/05/13 21:52】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/655-8355b2a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。