rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ALL-NEW X-MEN #8
【2013/04/06 23:53】 アメコミレビュー
若い自分を連れて大空を羽ばたくエンジェル。
自分の未来について何も語らない将来の自分に対し
不信感を抱く若エンジェルですが、
突然二人の耳に爆発音が響きます。
彼らが大地を見下ろすとニューヨークにそびえ立つ
あのビルから煙が上がっていました。
「アベンジャーズタワーだ!」
エンジェルの声に若エンジェルが言います。
「アベンジャーズはアベンジャーズマンションにいるんだよ!」
二人は現場に急行します。
そこでは多数の部下を従えたマダム・ハイドラが
アベンジャーズの不在を狙ってタワーに総攻撃を仕掛けていました。
「こりゃ楽しめそうだ!」
嬉しそうにハイドラの部隊に突っ込んでいくエンジェル。
若エンジェルもそれに続きますが、経験不足の彼は未来の自分のように
銃弾の中を颯爽と駆ける事も出来ず、敵の攻撃を受け墜落してしまいます。
「まずい…」
それに気付いたエンジェルが助けに行こうとしたその時、
アベンジャーズが反撃のために帰ってきました。
ソーの雷撃が部隊を一掃します。
若エンジェルの治療のために地上に降りたエンジェルをアベンジャーズが囲みました。
「何故君達は二人もいるんだ?」

そしてそれからしばらくの後。ジーングレイ学園にアベンジャーズがやって来ました。
「ヘンリー、少し話がしたい。」
キャップがビーストを呼びます。
all_new_x-men_8.jpgそして遠くで二人が話を始めると、
アイスマンとキティがふざけながら
二人の台詞をアイスマンがキャップ、
キティがビーストの役でアフレコします。
「君はまた自分勝手な理由で時空連続体を
変更したと私に言うつもりかね?」
「しかしキャプテン、君の知っての通り、
間違いなく、同時に、相対しているのだ!
時空連続体とは生き物であるという
学説も多数あり云々かんぬん。」
「意味の分からない早口は止めてくれ!
私は1940年から来たんだぞ!
私には君達がT型フォードみたいなもので
何をやっているのかもわからんし、
女性が肌を露出して歩いているというもの理解できん!
これは明確にしておきたいのだが、
アベンジャーズはX-MENがしたい様に
行動するのは嫌いなのだ。
我々は君達を監視しているんだぞ。」
「我々は子供ではない、キャプテン。
まあ一部の者はそうだが。」
「君達は自分の行動に責任を持たなければならない。
スコット・サマーズがミュータントの革命とやらを
宣言し回っている間も君達は何もせず座っているだけじゃないか。」
「あなたこそ何故何もしないのだ、国旗男殿!?」
「私に何をしろと?」
「私こそ何をしろと?」
「ハンク、ならば私を手伝ってくれ!
もしスコット・サマーズの居場所を知っているのなら隠さずに我々に…」
「キャプテン殿、もし私がスコット・サマーズの居場所を知っていたのなら…」
ジェスチャーまで加えて勝手にキャップとビーストの会話をおどけながら
演技するアイスマンとキティの横を若サイクが黙って過ぎていきました。
そして彼はキャップとビーストの前に立ちます。
「こんにちは、キャプテン。私はここ最近の出来事を一生懸命調べました。
私とあなたは多くの問題に対し、それぞれ別の側にいつの間にか立ってしまったようです。
私は全てのことに対して正しい事をやろうと思い計画している事を知ってください。
私に機会を与えて下さい。」
若サイクはそれだけ言うとその場を後にしました。
呆気に取られた顔でそれを見送るキャップ。
「よくやった。」
ウルヴァリンが戻ってきた若サイクを褒めます。
「ありがとう。」
若サイクはそのまま立ち去ります。
「君はこの問題を管理していると言ってくれ。」
やがてキャップはビーストにそう言いました。
「私は何も管理しとらんよ。」
ビーストはそう答えます。
「少なくとも私をメンバーに加えてくれ。」
「そんなメンバーなどないよ。」
「今すぐ…」
「私は最善を尽くす、キャプテン。」
「私が聞けるのはここまでだ。」
「私が答えられるのはここまでだ。」
そして去っていくアベンジャーズ。

すると今度は突然、学園中に警報が鳴り響きました。
「ハンク、この騒音は何だ!?」
「私の研究室だ!誰かが何かを破壊した。」
そして彼らは周辺を見渡します。そこにはオリジナルX-MENの一人がいません。
「ウォーレンは?」
若エンジェルは必死にビーストの研究所にある時間移動装置を操作していました。
「ウォーレン、何をやってるんだ!?」
「家に帰る!」
「もう決めただろ!」
「お前はそれをどうやって操作するのかも知らないだろう!」
若サイクや若ビーストが彼に走り寄りますが、ウォーレンは彼らの方を向くと
涙を流しながら叫びます。
「お前達が決めたんだ!俺は拒否したんだ!俺は家に帰る!こんなところはもう嫌だ!
こんな世界を見るべきじゃなかった!俺を見たか!?俺がどうなるか見たか!?
何か悪い事が俺に起きたんだ。もう嫌だ!」
「もし戻ったところで、チャールズ・エグゼビアが僕達がここで何をしてきたか知ってしまうぞ。」
「いい事じゃないか。」
「僕達の時間に戻ったらチャールズが僕達の記憶を消す。そうしたらどの道、僕達は…」
「どうでもいいね!こんな不毛な会話やめようぜ!
もしもこれが俺達の将来だったとしても俺達のせいだ!!
俺は家に戻ってお前達と縁を切る!俺に何かを教えたかったのか?何かを見せたかったのか?
俺が見たのはこんな…」
そこまで言って若エンジェルが止まりました。そして数秒後。
「今日のお昼ご飯は何だい?」
彼は笑顔でそう聞きます。
「彼ならもう大丈夫よ。」
そう言って奥から出てきたのは若ジーン。
「私達は戻らない。」
「ジーニー?まさか君が…」
「彼ならもう大丈夫よ。」
「人の頭の中を覗いて、自分の好きなように思考を変えるなんて…」
「ヘンリー、神から授けられし能力を自分のために使っていけないなんて講義を私にしないで。
私達は残るわ。それは決定事項よ。彼は少し冷静になる必要があった。
だから私は手伝っただけのこと。何も問題ないわ。」
そしてジーンは教師達も含む、その場にいたX-MEN全員に言いました。
「私はあなた達の心を読める。心配無用よ。私は能力を制御できているから。」


今回の話はツッコミどころ盛り沢山でしたね。
まずアベンジャーズ。
不在のところを敵に襲われるって、あんた達何年ヒーローやってるんですか?
アベンジャーズタワーって、そんな簡単に襲撃を受ける様な施設なの?
マダム・ハイドラを今回の話の引き立て役として雑魚扱いするのも少し可哀想ですよ。

次にジーングレイ学園の教師。っていうかアイスマンとキティ。
いくら大人になったサイクが恥ずかしいポーズ取りながら革命起こしてるからって
別時間軸とはいえ本人がいる前でスコット・サマーズを
名指しでからかうのは教師として本当にどうなのか、大問題だと思いますよ。
思春期の少年の心に傷を負わせるレベル。
これが原因で若サイクがこの時点でグレたらどうするつもりだったのでしょうかね。

今回唯一まともな人間だったのが若サイク。
冷静にキャップに言ったあの台詞を今のサイクが場を設けてキャップに言えよと。
むしろAvXの前ぐらいにやっとけば、今の状況とは違ったような…
何で子供のときに出来たことが大人になって出来ないんだ、あのXポーズ男は。

で、ビースト。
完全に今回の騒動の100%主犯でありながら、自分は関係ないよの姿勢。
異様なまでに冷めた反応でキャップに接してますが何考えてんだ、こいつ?

次は若エンジェル。
…まあ彼は仕方ないか。今のエンジェルが悪い。
将来の自分があんな能天気キャラになってたら、そりゃ絶望するわ。
しかしアポカリプスに改造された頃の自分に会ってたらもっと絶望してそうですが。

最後が若ジーン。
もう駄目だこいつ…早く何とかしないと。もう完膚なきまでに調子に乗ってます。
成長したジーンの悪い部分だけを抽出した感じに。
人の思考をかってに操作して全く悪びれず、自分が正しいと宣言し、仲間を脅す。
…こいつ、確実にこのシリーズのラスボスだろ。

でも若ジーンに対して若ビーストが自分勝手に人の思考を操作するなって
意見してたのは相当皮肉の聞いた言い回しでしたね。
この台詞は作中でキャップが現在のビーストに
自分勝手に時間を操作するなって言ってた台詞そのまんまでしたから。
この世界では大人になると碌な人間にならないんだな。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
人って成長してもそれがいい方にいかないというのがよくわかりますね。
若スコットがビシっと言ってリーダーぽかったくらいで他は全員ダメ人間ばっかですね。


キャプテンアメリカとビーストは50歩100歩の争いをしてますけど女性が肌を露出して歩いているというもの理解できんって今言うことじゃないでしょう、どこかずれてません?しかもアベンジャーズはX-MENがしたい様に行動するのは嫌いってなんて上から目線なんでしょ(いつからアベンジャーズの下にX-MENがいたの?)とかビーストはなにもしないと罵ってますけどあんたも何もしないかろくなことしないだろ(主犯のくせに傍観者気取りとか最低でしょ)と争いが醜すぎます。どっちももう少し落ち着いて話し合ってほしいですね。

キティとアイスマンは少し思いやりに欠けているところがあり(これで教師っていうのはまずいと思います。ローガンの多数決もあれでしたけど)彼らはまともだと思っていたんですが。

ただエンジェルは可哀想でした。彼はこの後友に裏切られ、アポカリプスによって鉄の翼を与えられデスとなります。そしてそれが尾を引きダークエンジェルとなり記憶を失う。悲劇としか言いようがないですよね(AOAじゃ普通だったのに平和な世界でアポカリプスに選ばれたというのが皮肉です。)そしてすべてを喪うのは若エンジェルには耐えられなかったですね(耐えられる人の方が珍しいと思いますが)

だから若ジーンの行動は頭にきましたねあの行動は教授と変わんないじゃんと。なんか図にのって能力に酔っている感じですけどこんなに性格悪かったでしたっけ?なんかさまざまな経験をしないで成長しなかったらこんな風になりましたを地で行ってますね。

もうすぐスコットがここに来ますけど一体どうなるんでしょうか?噂を聞いてると学園の何人かがスコットとともに行くらしいのでファーストメンバーも行きそうで怖いです(スコットやエンジェル、ビーストがあやしいですね)
【2013/04/07 01:18】 URL | 星羅 #ADJD0lrw [編集]
 
>星羅様
キャップとビーストの会話は本当の彼らの会話ではなく
遠くから見ていたアイスマンとキティが勝手に話してた内容ですから
実際には違う内容だったのかもしれません。

ジーンは一体何がしたいのでしょうね。
どこかで見たと思ったらホープさんにソックリだ。
【2013/04/07 15:02】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
>こんなに性格悪かったでしたっけ?
性格が悪いと思うかどうかは人それぞれですが、昔から気性の激しさと攻撃的な言動に定評がありましたよ(自分はテレパスの彼女は負の面を見すぎた結果、性格が悪くなり、扱いやすいサイクに惹かれたと思ってます)。
ストーム(と古株エックスメンバー)の視点からは、やさしく慈悲深い女神様という結論がでてますが。
【2013/04/07 20:58】 URL | Mugu #T0ca3UNU [編集]
 
>Mugu様
結構初期から女王様気質でしたよね。
フェニックスサーガでブラック・クイーンの姿が似合ってました(笑)。
【2013/04/07 21:55】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
既にジーンが完全にテレパスとしての倫理観を失って、レディーマスターマインド2世めいた感じですかね?
ウォーレンの正論い、ビーストは何の痛みも感じないんですかね。
昔はサイクよりも、ウォーレンとの方が仲良かったぐらいなのに……
あとボビーはいい加減成長しないキャラとしてライターに扱われ続けるんですねファーストファイブってそんなにダメ人間の集まりなんですかそうですか……
【2013/04/08 23:30】 URL | ねこねこねこ #- [編集]
 
>ねこねこねこ様
そういえばビーストとエンジェルはよくつるんでましたっけ。
アイスマンさんはむしろ少し前は成長してたんですが、
最近また昔に戻ってしまいましたね。
【2013/04/09 21:35】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/641-50d3695f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。