rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


UNCANNY X-MEN #233
【2013/01/30 21:30】 アメコミレビュー
今回はかなり古い作品。
1988年に出た作品で、#232から#234まで続くEARTHFALLというストーリーです。
メインのストーリーはタイトルの通り地球に落ちてきたブルードという宇宙生物と
ウルヴァリン達X-MENが戦うというものなのですが、その裏でもう一つのストーリーが進行します。
それは当時のサイクの妻であるマデリーンが夫と一緒にいるジーンの姿を見て絶望し、
やがて狂気に駆られ悪魔と契約して、その姿をゴブリンクイーンへと変貌させるインフェルノへの導入です。

この#233ではマデリーンが絶望に打ちひしがれるシーンが抽象的に描かれます。
背中に生えた翼を羽ばたかせ、愛する息子を胸に抱き、夫と人生を謳歌するマデリーン。
しかし彼女の前に服も髪も顔すらも、何もない人形の様な人間が現れます。
するとマデリーンの横にいたサイクが、その人形に歩み寄りキスをします。
そしてサイクはマデリーンの方を向きこう言うのです。
「お前にそんな羽は不要だ。お前は飛ぶことなど出来ない。お前は私達の様に特別ではないのだ…」
uncanny_x-men_233.jpgそしてサイクはマデリーンから
羽を毟り取り、息子を取り上げます。
そして息子を人形に渡し、
今度はマデリーンの髪を掴みます。
まるでかつらの様にマデリーンから髪が取れ、
サイクはそれを人形にかぶせます。
「何をするの!私はあなたを愛しているのに!!」
「知ってるさ。だがすまないな。
私には既に愛している女性がいるのだ。」
そう言うとサイクはマデリーンから唇を奪い、
鼻を取り、そして涙を流す瞳を奪います。
「模造品からパーツを取って本物を直す。」
いつの間にか人形は自分の顔…
いや、自分のクローン元であるジーンになっていました。
そして自分は何もない人形。
「君を傷つける気はなかったが…
ジーンが生きていると分かった以上、
私は彼女の元に戻るよ。
二度と彼女を失わない。さようなら、マディ。」
そして彼女は全てを失って一人残されます。


全てマデリーンの思い込みなのですが、寒気がするぐらい気持ちの悪い描写です。
人がその全てを失うとはこういう事なのでしょうか。
表情すら失くし、何も無い世界に一人立ってサイク達を見るマデリーンの姿はトラウマになりそうです。
この作品の絵を担当しているのはマーク・シルベストリという方なのですが、
この頃から既に凄い画力だと思います。しっかし左下のサイクの邪な笑顔ときたら…(笑)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
マデリーンほどサマーズという血筋に振り回された人もいないと思います。
最高のミュータントを創るというシニスターから作られ、スコットと結婚し子供まで作ったのに夫はヒーローであることを捨て切れず飛び出し、スコット・サマーズの妻という理由で自分の子供と一緒に狙われる、護ってくれる人たちもいつしかいなくなり、唯一のよりどころの夫には昔の恋人が現れ、たった一つの居場所すら奪われてしまった。インフェルノは見たことないんですけど、アンキャニィX-MENの設定資料集に紹介が書かれているのをみると狂気に染まったゴブリンクイーン、マデリーンがどこか悲しげに見えます。最後の居場所すら奪われた彼女には地獄こそが唯一の居場所だったのかもしれません。
彼女のクローンをシニスターが作ったり、最近復活したらしいですけど、そういう意味では彼女はまだ地獄いるのかもしれません。
スコットのことは好きですけど女性関係ははっきりしろよと言いたくなります。いつまでたってもジーンのことを忘れられず(これはローガンの方が重症ですけど)マデリーンを傷つけ、エマにも愛想を尽かされて、昔のジーンが復活したら突撃というのはさすがにちょっとどん引きです…。
【2013/01/30 22:39】 URL | 星羅 #ADJD0lrw [編集]
 
スコットと結婚すると死ぬというジンクス・・・
それにしても御大好みの赤毛さんは正直お腹いっぱい
【2013/01/31 01:03】 URL | Buzz #- [編集]
 
インフェルノのHCで1話目として掲載されていました。この後、マデリーンは夢の中でシムと出会い、恐ろしい契約を結ばされてしまいますね。(もう一人悪魔と契約を結んでいる人物が居ますが、これは別の話と……)
死んだと思っていたジーン・グレイが映っているライブ映像を運悪く見てしまったり、
この直前ではマローダーズに追い掛け回されたり、アドバーサリーを倒す為の生贄に成ったりと何とも悲惨な人生を歩まされてますね。

ところで、ゲートウェイは何しに来たんでしょうか。彼の行動が今ひとつわかりません。
あの人喋らないからなぁ
【2013/01/31 01:17】 URL | MangyDog #- [編集]
 
>星羅様
インフェルノは名作なのでオススメです。
是非一度、読んでみて下さい。
そういえばマデリーンは一時、何故かネイトと一緒にいたけど
あの時は幸せだったのかなぁ。

>Buzz様
エマは結婚まで行かなくて正解でしたね。
でも何せあの世界は、死んでも簡単に生き返るしなぁ。

>MangyDog様
HCに収録されてたんですね。
実は私もゲートウェイが何故あの場所にいて、
一体何をしたかったのかがよく分かりません。
何の脈略も無く出てきましたからね。謎です。
【2013/01/31 22:56】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
あー、あれマデリーンじゃなくて並行世界アース998の支配者と化した邪悪なジーンだった、ってオチがカウンターX前の終盤で明らかになってましたねえ。
自分の世界のネイトが言うこと聞かないから、わざわざネイトのいる世界探して616までやって来て、時間掛けて引き混もうとして結局失敗して、最終的にネイトの元気玉で998の自分の王城諸共に消し飛ばされましたが。
【2013/02/01 23:43】 URL | カラドボルグ #mQop/nM. [編集]
 
>カラドボルグ様
あれマデリーンじゃなかったんですか。
X-MAN誌は時々しか買わなかったから知らない話も多いんですよね。
しかし邪悪なジーンって酷いなぁ。まあ確かに邪悪な顔してましたけど。
【2013/02/02 21:22】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/624-b0806492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。