rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ALL-NEW X-MEN #3
【2013/01/06 23:50】 アメコミレビュー
何台もの車で周囲を固め、上空からは武装ヘリまでも供につけて、とある人物を護送する大型トラック。
中では完全武装した男達が車を運転していましたが、眼前にあるものを発見して叫びます。
「あいつだ!サイクロップスだ!」
「マグニートーもいます!」
自分達に向けられた銃口を避けるためサイクがマグニートーに指示を出しますが、
何故かマグニートーの能力は正常に動きません。そこでサイクがブラストを撃つのですが…
今まで見たことの無い威力で放たれるブラスト。
何故かサイクも己のオプティック・ブラストを制御出来なくなっていました。
全てを破壊し、地面にうずくまるサイク。
轟炎の中で助けを請う兵士達を無視してマグニートーが護送車の固いドアをこじ開けました。
何とか制御を取り戻したサイクもドアの前に立ちます。
「人間達に何かされたのか?」
「わからない。おそらく彼女なら分かると思うが…」
そう言う二人の前にドアの奥から出てきたのは…エマでした。
all_new_x-men_3.jpg「この馬鹿達!また騒動を起こしたのね!!
何も考えずに!!」
そう叫ぶエマにサイクが言います。
「全て考えて動いているさ。」
その言葉にエマがサイクを睨みます。
「私達が一生懸命やってきたことを
全てぶっ壊したのも、あなたの考え?
私があなたにフェニックスフォースを
奪われた後で人間達に捕まったのも、あなたの考え?」
「あの時の私は私では…」
「あなたじゃなかったと?」
「君もわかってる筈だ。フェニックスは人を狂わす。」
「私を裏切って殺そうとしたのも、
チャールズ・エグゼビアを殺したのも、
あなたじゃなかったと?」
激昂して叫ぶエマにサイクが短く答えました。
「私ではない。」
エマが顔を背けます。
「わかったわ…私とあなたは
これ以上近くにいるべきじゃない。」
「エマ!私の心を読んでくれ!私がどれだけ贖罪したいかわかる筈だ!!
君なら全てわかるだろう!!」
「無理よ!!」
その言葉にマグニートーが呟きます。
「君も…ということか。」
エマが振り向きました。
「私の力は以前と変わってしまった。あなた達みたいにね。」
「我々に何が起きたんだ?」
マグニートーの質問にエマが答えます。
「本気で言ってるの!?」
エマが馬鹿にした顔でサイクの顔を眺めます。
「フェニックスよ。あれが私達を変えたの。
火遊びの結果、私達は自分が燃えちゃったのよ。」
その言葉と同時に、またサイクのブラストがバイザーから漏れ出しました。
それを無視してエマが去ろうとします。
「脱獄させてくれたことには感謝するわ…」
「どこに行くんだ?」
「あなたの遠くによ。」
「エマ!いつか私の行いが正しかったとわかる日が来る!」
「あらそう、スコット。私とあなたはもう…」
そこにパトカーが大量に押し寄せて来ました。
仕方なくエマはサイク達と一緒に、マジックのテレポートでその場から脱出します。

それから数日後。
とある森の中で暴走する己のブラストを必死に止めようとするサイクの姿がありました。
「困惑しているようだな。」
そこにマグニートーが歩いてきます。
「君にはわからないさ、マグニートー。」
「私にはわからないだって?」
「私は…幼少期に自分の力を制御するのに必死だった。
そしてついに…制御法を学んだんだ。また子供の頃に逆戻りだ。」
悔しそうに大地に手をつきながらサイクが呟きます。
「今やっと世界中に新たなミュータントが出現した。
そして彼らは我々に求めているんだ…リーダーを。
それなのに我々は…この様だ。」
「君はその気持ちを私が分からないと言うのかね?
少なくともこの状況は、君の自業自得だと思うのだがね。」
「すまない、エリック…あの時の私は…」
「フェニックスだったと言うのだろう?それはもう聞いたとも。
私は君の人生の先輩だ。一度君に話しておきたくてね。
君も知っての通り私は長い間狂気に支配されていた。
今でもあの時の光景が夢に出てくる。
私が行ったことはまさしく忘れられない思い出だ。
そして私は自分自身に言ってきた。あれは私ではなかったのだと。
あれは狂気に飲まれたから仕方なかったと。
だが認めよう…あれは私だったのだ。あれは全て私だった。
…世界を思い通りに創り変えられるコズミック・フォースでもない。
君を否定した父親を殺そうとしたのも他の何者でもない…君が望んだのだよ。」
「やめてくれ!」
「君が望み、君が行ったのだ。」
「もうやめてくれ!!」
「君は私にそれは違うと言いたいのか、少年?
君の間違いを正しかったと世間に認めてもらいたいのか?
君は私から神から授かりし力を奪った…
それを取り戻す手助けをするんだ。さもなければ…」
そこにマジックがやってきました。
「何か問題発生?」
その場から立ち去るマグニートーを見つめながらサイクが言います。
「マグニートーが私に怒りをぶつけてきた。」
「もし能力を奪われてたら、私だってあなたに怒ってたわ。」
「君は問題ないのか?」
「すこぶる順調ね。」

ほぼ全訳に近くなりましたが、今回のストーリーはこんな感じ。
簡単にまとめると、
サイク:能力暴走
エマ:サイキック能力消滅(ダイア化は健在)
マグニートー:能力消滅(or 弱体化)
マジック:能力増強
という事に。フェニックスさんの気まぐれには困ったものです。

しかしサイクの四面楚歌っぷりが、もう逆に笑えます。
最愛のエマには嫌われ、三行半を突きつけられ、半分呆れられ。
マグさんも唯一の理解者かと思えば結局能力を失ったことにカンカン。
マジックは元々素っ気無かったから敵ではないけど信頼もなさそうだし。
まあ自分がやったことを認めず「あれは僕じゃない!」と
言い訳し続けてるサイクも悪いんですけどね。

しかし意外なところで、テキサス州の大学ではサイクのあのXポーズが効いたのか、
彼の支持者が出だして、サイクの顔をプラカードに描いて「ミュータントも人間だ」
みたいな人権活動に動き出した若者もいるみたいです。

この数年間のサイクとエマのラブラブっぷりを知っていれば知っている程つらい、この展開。
サイクは立ち直れるのか。次回に続く。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
明けましておめでとうございます今年もガンバって下さい
しかし、サイクの方はグタグダですね
【2013/01/07 02:15】 URL | シベルネティコ #- [編集]
 
明けましておめでとうございます、ってもう松の内も終わりですね。

どうしてマーヴルはカップルをこうも長続きさせないのか・・・
まあ洋ドラでも長期に渡ると今までの愛は何だったの?って感じでカップリング解消はよくある事ではありますが。
何というか、センセーショナルな展開ばっかりやりゃいいってもんじゃないぞ!と。

能力はわりとすぐに戻っちゃいそうな気がしないでもないですな。

【2013/01/07 04:10】 URL | サントス #- [編集]
 
結婚してもすぐ離婚するアベンジャーズ、
結婚する前にすぐ別れるX-MEN、
どっちも酷すぎますね
【2013/01/07 07:24】 URL | 名無し #yl2HcnkM [編集]
やっとサイクロプスの隣に恋人として居座るエマに慣れてきたと思ったら、
これだもんな(笑)
【2013/01/07 18:03】 URL | Mugu #T0ca3UNU [編集]
 
まぁ、正直エマも今まで良く耐えてたと思います
あんなけ尽くしててそれでもサイクは未だにジーンがどうのと言い続けてますし
どっかの話で「まだ私は赤毛の死体にも劣るのね」とか言ってた時は
流石にサイクもいい加減エマを見てやれよと思いましたし

とはいえ、それでも結構このカップルは好きなんで幸せになってほしいんですけどねぇ……
【2013/01/07 19:33】 URL | とおりすがり #- [編集]
 
>シベルネティコ様
ありがとうございます。
今のサイクは生まれ変わるためのサナギ状態なんですよ。
…多分。

>サントス様
洋画とかだと1作目で出来た彼女が何の説明も無く
2作目でいなかったりしますからね。
能力の無いX-MENはただのコスプレ軍団ですから
すぐに能力は戻るでしょうね。

>名無し様
まあアベンジャーズには家庭内暴力を振るった人もいますしね…

>Mugu様
指揮を執るサイクと、その傍らで参報をするエマって構図は
かなり良かったんですけどね。残念です。

>とおりすがり様
本当にあのサングラスと爪のジーンへの執着は異常ですよね。
あの赤毛が彼らの心の根底に自分に惚れる何かを
埋め込んだんじゃないのかと勘繰りたくなります。
【2013/01/07 21:02】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
せめてそこでセカンドミューテーションクラスの新しい能力を付け加えてやればいいのに、
あいかわらず海女のかっこで目からビーム一本ですかサイク。

……なんだろう、悪いことは全部サイク、そしてサイクは「あれは私じゃなかった!」
……編集部はほんとにナニをどうさせたいのか。スパイディといい、映画にうつつを抜かす間に、取り返しのつかない迷走してる気がします。

ただ、フェニックスフォースを「火遊び」と言っちゃうエマさんもどうなんだという気もしますし、そもそも編集の人間がもうインフェルノとか覚えてない世代なのかなあと違う次元で哀しくなりますね。

個人的にはエマとサイクのコンビにそんなに思い入れがないので、まーいーやという気楽な部分はあるんですが、それでも、マグニートーでもケーブルでもネイトでもレイチェルでもいいので、
「あなたのやったことはヒドイ結果を伴ったけど、でもその動機だけは尊敬する」程度にサイクを肯定するキャラを近くにおいてやってくれんものですかねえ……
【2013/01/07 23:13】 URL | ねこねこねこ #- [編集]
 
>ねこねこねこ様
まあ、サイクは目からビームがアイデンティティですから、
変な能力増やすよりもかえって清々しくていいかもしれません。

ケーブルは結構サイクの事を信頼してるから
今会っても何か良い事言ってくれるかもしれませんが
彼もアベンジャーズに追われる身ですしねぇ。
【2013/01/08 21:27】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/616-019f3e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。