rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AVX CONCEQUENCES #5
【2012/12/02 22:26】 アメコミレビュー
マジックの魔法で刑務所を破壊しながら強行突入を開始するマグニートー達。
一人黙って座るサイクの前で、撒かれた粉が文字を記します。
「今行く。」
その言葉と同時にサイクの前にあった壁が瓦解しました。
「また会えて嬉しいよ、少年。」
そう言ってサイクの前にマグニートーが姿を現しました。
首にはめられた電流装置と頭のヘルメットを外すデンジャーにサイクが言います。
「デンジャー、君まで来るとはな…」
「アナタニハ借リガ有リマスノデ.私ハ自分ノ考エデ動キマス.」
その言葉にサイクが彼女の肩に手を添えながら言います。
「頑張れ。君がこの先何をしようが、
君はミュータントの友人であることを証明したんだ。」
そしてマジックがサイクに聞きます。
「そろそろ逃げる?」
しかしその言葉にサイクは返します。
「いや、まだだ。少し話したい相手がいるからね。」

煙の立ち込める刑務所の独房で叫んでいる男がいました。
「おい、誰か…」
それはあの大男。サイクが脱獄を決意するあの事件を起こした男。
突如、彼の檻が赤い閃光で吹き飛びます。
驚く彼の前には赤く目を光らせた男が立っていました。
「こんな刑務所ですら、お前にとっては生温い。」
そして大男とその仲間を一箇所に集めるとサイクはマジックに言いました。
「お前達にはもっとふさわしい場所がある。マジック。」
その瞬間、マジックの魔法により彼らは魔界に連れ去られました。
そしてサイクはもう一人捕らえた男の前に進みます。
「あとはお前だ…」
それはこの刑務所の所長でした。
「助けてくれ。私はただ仕事で…」
「黙れ。お前はミュータントの苦痛から財を得てきた。
今からこの刑務所を叩き潰し、囚人を全て解放する。お前の責任は重いな。
私はお前のような奴とは話さない。私は常に虐げらし者達と話すのだ。
ミュータントへの偏見から利益を得ようとすればこうなることを覚えておけ。」
所長が不安げに聞きます。
「…私を殺さないのか?」
サイクが答えます。
「殺さない。だが二度と忘れられないようにしてやる。デンジャー、やれ。」
そう言うとサイクはマジックの魔法で、その場から消えていきました。

avx_consequences-5.jpgやがて完全に崩壊した刑務所に
アベンジャーがやってきます。
「おい、大丈夫か?」
ウルヴァリンがうずくまって
震えている男に声をかけました。
その男は二度と忘れられない刻印を顔に記され、
恐怖に怯えた顔でウルヴァリンに言います。
「これを…あなたにと。」
ウルヴァリンが黙って
彼が持っていた手紙を受け取りました。

"ローガン。
怒っているだろうな。
でもいつか理解してくれることを願っている。
学園は私の望みだ。全力で支援していく。
君がエグゼビアの魂を生徒達に教え、
彼らにより良い未来を教えてくれることを心から信じている。
私は彼らを必ず生き延びさせる。
君は私により良い男になれといった。
私はそれを目指す。
だが君が言った意味での「良い男」ではない。
私が目指すのは求められる人物だ。

手紙を握りつぶしたウルヴァリンにキャップが聞きました。
「スコットは…」
ウルヴァリンが答えました。
「行っちまったよ。」

隠れ家で刑務所が破壊されたというニュースを見ながらマグニートーがサイクに言いました。
「我々が何をしてしまったのか、理解しているのだろうね。
君の逃亡は彼らのど真ん中に爆弾を投げ込んだ。もう昔のようにはいかんぞ。」
その言葉にサイクが答えます。
「嫌悪。畏怖。そして世界を救う。
今までと何が違うんだい?」


ついにサイクが完全にダークヒーロー化しました。
最後の台詞が格好いいですね。
自分を取り巻く環境が変わろうが、自分がやることは昔から変わらない。
サイクの強い信念がこの言葉から読み取れます。

ウルヴァリンの台詞も深い。たった一言「行っちまったよ。」
原文では"Scott is gone."ですが、
これにはもう刑務所から逃げてしまったという意味と、
自分と完全に袂を分け、違う道へと歩んでしまったという二つの意味が込められています。

そしてダークヒーローと化したサイクの最初の仕事がジェイクの仇討ち。
今まで人間に対して復讐などしたことがなかったのに、容赦なく魔界へ投げ込む。
その姿からは冷徹なミュータントの守護者、そして人間に対しての執行者の姿が見えます。
そして所長の顔に刻んだXの文字。彼はX-MENを離れましたが、その信条はXを掲げたままです。
人間がミュータントに刑を執行してきた刑務所を破壊し、そこで人間に刑を執行する。
サイクの新たな一歩が今始まりました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
あれ?結局殺さない以外は昔のマグさんと大差ない気が
【2012/12/02 23:28】 URL | 名無し #yl2HcnkM [編集]
スコットついに動きましたねぇ…。
ミュータントを護るためにその障害となる人間は容赦なく潰すのはX-FORCE以上の苛烈さを思わせます。
そしてその根底にあるのは同胞であるミュータントを護りたいという想い。
例え今までの行いを全否定し、親友であるローガンと袂を分かっても叶えたい大切な願いなんです。そしてそれが間違いであることも分かっているんです。本当はミュータントと人間の共存が正しいとスコットもローガンも信じている。ここがマグニートーと教授との関係との違いだと思います。だからより良いと思っていた教授の理想を未来のミュータントに教えることをローガンに託したのです。学園が私の望みというのも教授を殺したことへの罪悪感と心の奥底ではミュータントと人類の融和を信じているのだと思います。けれど現実ミュータントは迫害され続けている。今生きるミュータントを護るためにスコットはダークヒーローとなることを選択し、未来のミュータントに生きるための理想を教えることを託したのもローガンへの深い信頼があってこそだと思います。手紙の内容からは彼への信頼と申し訳なさが込められていると思います。


ローガンもこうなることがわかっていたけど何とかスコットを止めたかった。
そうしなければ取り返しがつかなくなるとわかっていたから止めたかった。そして裏方を行うのは自分だけでいいと思っていたのに今は逆の立場となり、袂を分かつ結果となってしまった。目的は同じはずなのに。
キャプテンアメリカへの返答は何とも言えない苦々しさと切なさを感じました。


後デンジャーが自らの意思でスコットを助けたのがよかったなぁと思いました。体は機械でも心はミュータントと変わらない(人とはどうかわかりませんが同じと信じたいです。)スコットに少しでも味方が増えたのがよかったなぁと思います。
そしてダークヒーローとなるスコットと指導者となったローガンはこれから違う道を歩むことになります。けれど目的地は同じです。いつかその道が交わる日がこればいいなと願っています。
その時にはマグニートーや教授も一緒に。

【2012/12/02 23:59】 URL | 星羅 #ADJD0lrw [編集]
 
マグさん自分の後継者ができて嬉しいでしょうな、しかもチャールズ仕込みの。新生ブラザーフッド誕生か?
あれ?今回の一連の話って順列違えど実はオンスロートと大差ない気が?
【2012/12/03 09:36】 URL | サントス #- [編集]
 
個人的にAll NEW X-MENが予想外に面白かったので
案外このダークヒーロー路線のサイクはアリなんですよね
変に道を踏み外さなければの話なんですが
【2012/12/03 19:28】 URL | とおりすがり #- [編集]
 
>名無し様
思想は似ちゃいましたけど、一応サイクは
無差別に人間を襲ってるわけではないですからね。
「人間を攻撃する」マグさんと「人間から守る」サイク。
ここが違いでしょうか。

>星羅様
デンジャーは確かに面白い援軍でしたね。
元々はサイク達を倒すために作られたのに心強い友になるとは。
サイクはいつまでこの路線で行くのでしょうかね。
元に戻るときにどういったストーリーが描かれるのか楽しみです。

>サントス様
ある意味、教授とマグさんの二人の意思を継ぐものですからね。
そういった意味ではオンスロートに近いですが、
サイクは残念ながらキャップ達を道連れには出来なかったみたいです。

>とおりすがり様
確かに最近マンネリ化していたのは事実なので、
私もこの路線はありかと思うのですが、
今思うと、私はユートピアで皆で仲良く暮らしてた時が
一番好きだったんだなと気付きました。
【2012/12/03 20:29】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
ケーブルはちったあ父親救出のために動けよとか思う今日この頃。
信念の人サイク、というのをきちんと描けてはいて、
そこはいいなあと思うんだけど、
もうこれ以上サイクにばかりヨゴレおしつけんのほんと辞めてくれませんかね編集部
【2012/12/04 01:13】 URL | ねこねこねこ #- [編集]
 
「嫌悪。畏怖。そして世界を救う。」の「世界」は教授が理想として掲げ、サイクロップス自身も信じていた
「人類とミュータントの平和的共存」ではなく、ホモスペリオールが優越種、支配種族となるべき世界
なのでしょうか……

なんか、AvXはお互いの主義主張が異なったことで生じた人同士の戦いだったところが、異種族同士の
生存競争に移り変わったようでなんだか怖くもあります。
【2012/12/05 02:06】 URL | 花の兄弟 #ftr86F3A [編集]
 
>花の兄弟様
サイクが強硬路線に走り出したのは確かなのですが
一体彼が何を目標としているのかが、まだわからないんですよね。
本気でマグさん化しようと思ってるわけでもなさそうですし、
ミュータントをどうしていきたいのか。気になるところです。
【2012/12/05 19:48】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/610-81860efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。