rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バトルシップ感想(ネタバレ少し含む)
【2012/04/14 23:58】 雑談
バトルシップを映画館で観て来たので、久しぶりに映画の感想でも。

最近は映画を観てもTwitterで一言感想を言って終わりというのが多かったのですが、
何故今回わざわざブログで感想を書く気になったからというと、思っていた以上に面白かったから。
最初の10分ぐらいはアメリカお得意の、いつもの大雑把なSFものかと思っていましたが
観終わってみると実に満足な出来。
個人の好き嫌いはもちろんありますので、誰もが絶対に100%楽しめるとまでは言いませんが、
私がここまで褒める作品は滅多にないので、見に行こうか迷っている方は是非ご覧になっては。

さて内容について少し触れていきますが、まずこの作品は全米に先駆けて日本先行公開だそうです。
その理由は観れば何となくわかるでしょう。
別に序盤のサッカーのシーンで地味に日本に勝たせてヨイショしてるからなんて理由ではなく、
ポイントは「1隻の戦艦(序盤はイージス艦)」が活躍してるってところ。
アメリカ映画では、主人公がワンマンアーミー状態で敵司令部を壊滅させるとか、
空軍が最新鋭機を使って宇宙人の母艦にミサイルを撃ち込むとかはよく見ますが、
この作品って海軍の戦艦が主役なんですよね。
これは日本人(30代~40代男性)が潜在的に好きな作りだと思います。
この世代って宇宙戦艦ヤマトや海底軍艦、それにマクロスとか
「でかい戦艦が敵を粉砕する」シーンを見て育った人が多いと思います。
そういった人達が観て興奮するツボを心得ているっていうか、少なくとも私は興奮しました。

あともう一つ(一部の)日本人好みかなって思ったのが、こちらの戦力が現実的なところ。
この映画に出てくる艦艇って、変な近未来新兵器や、
敵の宇宙人から奪った未知のテクノロジーとかを一切使わずに、
最後までリアルな武器のみで戦い続けるんですよね。
逆に言うと、何光年も彼方から飛んで来れる超テクノロジーを有した宇宙船に
ただのミサイルがそこまで大ダメージを与えられるのかって疑問もあるのですが、
これって空想兵器を子供っぽいといって、現実的な戦略・装備が格好いいといっていた
平成ガメラ世代に受けると思います。(←こんな書き方したらガメラファンから苦情が来そうですが…)

そしてもう一つ面白かったなと思ったのが、肉弾戦がほとんどないこと。
この作品は主人公自身が格闘技や銃のエキスパートという訳ではないので、
宇宙人が船に乗り込んできて、激しい銃撃戦になるといったシーンはほとんどありません。
(数分ぐらいはありますが…)
これって結構珍しいと思うんですよね。あくまでも戦いは「敵の艦艇」対「自軍の艦艇」。
バトルシップのタイトル通り(元はボードゲーム)、最初から最後まで徹底した艦の戦いが観れるこの作品は
海皇紀とかが好きな人も、面白く見れるのかな?(海皇紀は結構肉弾戦もありましたが。)
ちなみに主人公は個人戦闘能力もそんなに高くありませんが、
艦の指揮官能力が高いのかといわれればそんな事も無く、命令を部下に拒否されて変更したり、
速攻でライバルの日本人自衛隊艦艇艦長に自艦の指揮を委任したりしています。
じゃあ、お前の取り得は何なんだと言うと、最後まで観ても特に無かったような…

最後に。
上記で主人公の能力が云々とか触れていますが、この作品を観ていると終盤で
実は主人公は主演のテイラー・キッチュでもなければ、
ライバル役の浅野忠信でも無かったのではと思わされます。
じゃあ誰が主人公かって聞かれると、序盤でモブキャラっぽく出てたあの方々。
あの方々がいつの間にか集まって活躍するシーンは、おそらくこの作品で一番興奮するシーンです。
私が何を言っているのかは作品を観ればわかりますので、気になった方は是非ご覧になって下さい。

追記:
べた褒めしていますが、疑問点が無い訳ではありません。
一番不可解なのが敵の思想。こちらが敵意を見せない限り襲って来ないんですよね。
それこそ日本の自衛隊みたいな考え方ですが、
地球にわざわざ乗り込んできてその発想は何かおかしくないかと。
おまけにこの思想のおかげで地球人側が何回も危機を脱していましたし。
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
 
なんか普通の映画だったら主人公の役割を
みんな浅野忠信がやってましたよねw
確かに終盤の山本五十六戦法とコンビニ強盗以外主人公が何やったか覚えてないw
ミズーリ復活は読めてましたがずらっとお爺ちゃん軍団が並んだシーンは僕も燃えました
【2012/04/20 03:43】 URL | とおりすがり #- [編集]
 
>とおりすがり様
本当にこの作品って主人公の役割が冒頭のコントぐらいしか(笑)。
老兵が再び情熱を燃やすのっていいですよね。
あそこは本当に名シーンだと思います。
【2012/04/21 22:43】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/578-275188fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。