rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NEW MUTANTS #28
【2012/02/21 00:37】 アメコミレビュー
以前にもNEW MUTANTS #28というタイトルの作品を紹介したのですが、
あれは2009年から刊行されている3代目の現行NEW MUTANTS。
今回紹介するのは1982年に刊行された初代NEW MUTANTSのお話です。

new_mutants-28.jpgこの話は3話前のNEW MUTANTS #25で初登場した
リージョンが父親である教授と初めて会う内容で、
最後に父と子がしっかり抱き合って再会を喜びます。

…しかし冷静によく見ると何か違和感を感じます。
長方形のような身体をした教授に、
首と一体化した顎を持ったリージョン。
本作の作画を担当したのはビル・シンケビッチという方で、
彼の作風はシュルレアリスムとでも言うのでしょうか。
実に独特で個性的な前衛アートであり、
背景の描き方も実に個性的です。

しかし中段の表情の描き分け方。うまいですね。
シンケビッチ氏はNEW MUTANTS誌の#20番台を
担当していて他にも様々な個性的描写を
見せ付けてくれます。
アートを見ているだけで満足できる
まさに芸術品ですので皆さんも是非ご覧ください。
ただ少し古いので(本作は1985年)、入手が少し難しいかな。

ちなみにこの時期は過去に少しだけ紹介した
マグさんとリーがいちゃついてた時期で
#26で裸でキスしたりしています。
でもこの#28でリーがふと我に返って急に素っ気無い態度を取るので、
マグさんが凹むという何とも微妙な話も同時展開されています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
私はビル・シンケビッチと言うと、エレクトラやデアデビルなんかを思い浮かべますけど、
結構X-MEN関連の仕事もやってるんですね。
この人の絵は確かに上手なんですが、アート過ぎてたまーに何描いてあるんだか
分かんなくなる時があるんですよね(私の読解力不足かもしれませんが)。
まあ、それだけ個性の強い作家さんと言う事なんでしょうね。
【2012/02/21 19:50】 URL | MangyDog #- [編集]
 
>MangyDog様
そういえば昔小プロから出ていたマーブルクロスで
彼の描いたデアデビルが邦訳されていた記憶がありますね。
私もこの#28はまだいいのですが、その前の#27は独創的すぎて
ついていけませんでした。
たまにはこういった絵柄の人がいても面白いですよね。
【2012/02/21 21:42】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
マーブルクロスは持ってます。
たしかにビルの絵はもうアート過ぎて漫画って感じがしませんね。
アメコミに慣れてない人は本当に読みにくいと思いますよ。

最近はMANGAの影響でだいぶ日本人にも抵抗無い画が増えたけど、
たまにこういうアメコミ独特の作家のも読みたくなりますね。
【2012/02/21 22:54】 URL | まぐ #jxT87rSU [編集]
 
>まぐ様
最近は本当に読みやすい絵柄の方が多くて。
綺麗だしキャラは格好いいしで文句は無いんですけど、
たまにはこういった一般受けしない絵柄も見たくなるのが
アメコミファンなんですよね。
【2012/02/22 23:30】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/563-7613b449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。