rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


UNCANNY X-MEN #480 (2006)
【2006/11/08 22:58】 旧カテゴリ
"RISE AND FALL OF THE SHI'AR EMPIRE" 第6話。
ついにシーア帝国が誇るインペリアル・ガードと
全面戦争に突入したバルカン。
全宇宙でも最強の位置に属するインペリアル・ガードを
相手にたった一人で互角の戦いを見せます。
一方、何かと裏で画策し続ける副長官。
彼はヴァルカンが奪った船の艦長と交信していました。
「彼は我々の計画にうってつけだな。
彼のあの強大な力…そしてディケン先帝への強い憎しみ。」
「はい。これで真の帝国が再び…」
「ああ、それこそが我々の願いだ。」
そして副長官は通信を切るとコンピューターにこう命じます。
「グラディエーターに連絡を。
奴に埋め込んだコードに優先事項として伝えろ…」
そして舞台は再びヴァルカンとインペリアルガードへ。
大量の犠牲者を出しながらも精神攻撃で
揺さぶりを掛けたところを、隊長のグラディエーターが
叩き潰し何とかヴァルカンを止めたインペリアルガード。
しかしグラディエーターがこう言います。
「奴を医務室へ。」
「生かして連れて行けと言うのですか!?
彼が我々に何をしたのか見てなかったのですか!!?」
周辺に転がる仲間の死骸を指しながら怒りを露にする隊員ですが、
グラディエーターの無言の返事に黙って従います。
こうして監獄衛星に収容されたヴァルカン。
グラディエーターに潰された片目には義眼が与えられました。
光すら届かない暗黒の監獄で横たわる彼に誰かが話しかけます。
それは幻なのか現実なのか…幼い少年…しかもヴァルカンとよく似た少年が、彼の隣に立っていました。
「よう、小僧。お前、さっき思いっきりボコられてたなぁ?
お前って一気に成長してでかくなったけど…
自分じゃ何も出来ないオメガレベル・ミュータントだなぁ。」
「黙れ!!」
「昨日が何の日だったか知ってるか?
お前の誕生日だよ。お前が本当は今何歳なのか教えてやろうか?
お前が思っている以上に結構経ってるんだぜ。
お前がアステロイドで眠ってた時間とかを引くと……15歳かな。
いや、実際は13歳ぐらいか。」
「貴様は幻覚だ…俺を独りにしてくれ…」
「充分強くなったと思っていたか?小さくて弱々しいガキが。
未だに信じられないみたいだな、この俺が本当のお前の姿だ…」
「どこかへ…消えろ…」
「お前が消えろよ。」
そう言って少年は憎たらしく笑います。
そしてそれから何日なのか何週間なのか分からないぐらいの時が過ぎ…
彼の収監された牢の扉が開きました。
「どこかへ…行け…お前は幻覚だ…」
「あまり時間が無い。地球人よ、話している暇は無い。」
それは幻覚ではありませんでした。
一人のシーア人が彼を助けに現れたのです。
「…な…何だ…?」
「この監獄から出れば意識もはっきりするだろう。」
「貴…貴様は…シーア人…何故俺を…?」
「極秘任務だ。真の帝国を再び興すためのな。
さあ、ここを出るぞ。お前の能力は2レベルほど落とされている。
まずはその能力を戻すために、ある場所へ向かう。」
ここで騒ぎを聞きつけた看守達が集まってきます。
「動くな!!」
「行け!!俺がここで奴らを引きつける!」
「待て…俺は…」
しかし…
「ぐあああああああっ!」
非情にも看守達の銃撃により、あっという間に倒れるシーアの男。
「囚人が拘束具を外しているぞ!構わん!撃て!!」
しかし、ここでやっとヴァルカンがその混濁した意識から回復します。
「…俺が誰だか聞いてなかったのか?」
一瞬のうちに看守を焼き殺したヴァルカン。
「バカが。」
そしてヴァルカンは彼からマントを剥ぎ取ると、それをまとい監獄を歩きます。
「止まれ!このドアから先は、誰も生かして通すなと女王陛下直々のご命令だ!」
「女王陛下か…ムカつく響きだ。死ね。」
兵士を一瞬で消滅させると、ヴァルカンはドアの向こうに向かって叫びます。
「出て来い。お前が誰だか知らんが、俺はお前の敵ではない。」
すると中から出てきたのは…
「もちろん知っておるわ…お主が妾(わらわ)を傷つけぬとな…」
「お前は…?」
「妹が誰一人妾に触れるなと命じたからな…
皇位を守るために妾をここに閉じ込めたときに…」
デスバード。彼女もまた、ここに監禁されていたのです。

いくら全12話構成だからといって、少し話を広げすぎですね。
明らかに後半、収拾が着かなくなると思うのですが。
ヴァルカン復讐劇に、フェニックス因縁話、挙句の果てに
デスバードと帝国再興計画ですか。
何か既に話が飛び飛びになっててまとまっていません。
今号を開いたら、いきなり激戦になってるんですが、
それまでの描写が一切無いですよ?
残り半分で果たして綺麗に終われるのか?

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
帝国半壊、リランドラ、バルカン死亡、ジーン復活でフェニックス調停痛みわけエンド、さらに冒険は続くよ、と予想。
あとあのハゲの事だからリランドラとの間に卵の一個や二個作っててもおかしくないと思うんだけどなー。さらに災厄の種を・・・
【2006/11/11 11:30】 URL | サントス #- [編集]
 
私の予想
帝国関係は特に何も無くそのまま放置。
バルカンは結局何もせずに宇宙のどこかへ逃避。
フェニックス関係も放置。
教授は帰るところもないし、リランドラのところで隠居。
卵はもうとっくに孵化しているのかも。
3年後ぐらいに謎のシーア人ハーフが出てくるのかもしれません。
【2006/11/11 22:56】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
あ、あとコルセアパパンが止めに入って死亡も追加。
あのハゲ残しといたらまたスクラル星人みたいなのに帝国乗っ取られたり、マキシマムセキュリティみたいな厄介事起すに決まってますよw
そういえば宇宙で起こっているアニヒラスイベントにはシーア帝国は関わってないんでしょうか?
【2006/11/12 15:54】 URL | サントス #- [編集]
 
大丈夫、スクラルはそれこそアニヒラスで壊滅しましたから。
それにハゲが時々事件を引き起こさないと、
ストーリーが進展しませんね。
宇宙の話は壮大な上に地味なキャラ総出という
意味の分からない状況みたいですが、とりあえずシーアは絡んでなさそう。
買ってないのでハッキリとは言えませんが。
何かサノスとか、あっち系が活躍してるみたいです。
【2006/11/12 16:18】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
>卵はもうとっくに孵化しているのかも。
>3年後ぐらいに謎のシーア人ハーフが出てくるのかもしれません。
後の『アリヤ』に『エグゼヴィ』であるw
・・・冗談抜きで、ここでハボックが死んでカサンドラ=ノヴァがチョイ役で出てきて教授がジェノーシャに戻ったら
きっと『X-MEN THE END』への伏線ですよ(まだ言うか)
>スクラルはそれこそアニヒラスで壊滅
コズミック・コントロール・ロッドを接続したビーム砲で、スクラル星を吹っ飛ばしたんでしょうか?(それは『WHAT IF? #15』だw)
【2006/11/14 19:52】 URL | トモヤ #5tpBcxeQ [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/524-1ad3e3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。