rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


X-MEN #184 (2006)
【2006/05/19 23:18】 旧カテゴリ
火炎操作能力を持つローグがFamineを倒し、その仮面を剥ぎ取ると
そこにはサンファイアの顔が。その事実に驚く一同。
一方アポカリプスの宮殿では従者であるオジマンディアスと
主であるアポカリプスとの間に、意見の相違から溝が生まれます。
「我が前から消えよ!」
と言い残し、オジマンディアスを殴りつけるアポカリプス。
その結果オジマンディアスは、ある決心をします。
「"War"よ…お前がまだゲイザーと呼ばれていたとき、私はお前を助けた。
今度は私を助けてくれ…彼を殺すために!」
x-men-184.jpgそして彼は学園を訪ねます。
侵入者としてコロッサスが捕らえますが、
「私は敵対するためにここに来たわけではない。
アポカリプスは私がここに来たことすら知らないだろう。」
そう言って彼はX-MENをアポカリプス宮殿の
秘密通路へ導きます。やがて宮殿の玉座で
アポカリプスが彼に気づきました。
「…オジマンディアス」
「主よ。あなた様が一人で嬉しいですな。
今回は客人を連れて参りました」
そう言われてハボック、ローグ、
アイスマンの三人が前に出ます。
しかしアポカリプスは余裕の表情でこう言いました。
「私は一人ではない…来るがよい、我が子らよ」
アポカリプスにそう呼ばれて
出てきたのは"198"の難民でした。
「アポカリプスは我々の仲間だ」
「彼こそ私達が待っていた存在、救世主よ」
そう言ってアポカリプスの前に並ぶ難民達。
「まだいるぞ。私の4番目のHorsemenだ。
その名も…"Death"!」
そう呼ばれて現れた人物を見て、ローグが絶句します。
何故ならDeathとは…あのガンビットだったからです。

…ガンビット(ノд`)。ついに彼が落ちるところまで落ちました。
昔から南極に一人置いていかれたり視力を失ったりと散々な目に
あっていましたが、もうここまでくると救いようがないですね。
顔色変わっちゃってるし。ああ…ガンビット。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/494-34f71e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。