rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


X-MEN #182 (2006)
【2006/05/17 23:01】 旧カテゴリ
X-MENの長年の宿敵の一人であるアポカリプス。
そのアポカリプスがついにある目的のために動き出しました。
彼はまず自分の忠実な部下である"Horseman"という4人の戦士を集めるために、
HOUSE OF M事件によってミュータント能力を失った者達を探します。
そして最初に狙われたのが、宇宙線を吸収出来る能力でNASAの宇宙ステーション
の宇宙飛行士として働いていたゲイザーというミュータントでした。
彼は能力を失ったことで、自分にもう生きる価値はないと思い込み、
宇宙空間で死を覚悟しながら漂っていたのですが、
そこをアポカリプスに誘拐され、彼の宮殿へとテレポートされます。
アポカリプスはゲイザーにこう言います。
「貴様は死ぬ必要はない。我が僕"War"となって働けばよいのだ」

x-men-182.jpgそしてアポカリプスは次の獲物を
探しにいきます。それは日本。
ある事件で両足を失い、意気消沈している
サンファイアのところにアポカリプスは
自ら赴きます。サンファイアを護衛していた
忍者を一撃で吹き飛ばすと、アポカリプスは
こう囁きました。
「私を助けてはくれないか?」
「お前を?私は自分自身すら守れなかった男だぞ?」
「それなら問題ない。脚なら私が治してやる」
「…その見返りは?」
その問いにアポカリプスは黙って微笑みました。
…そして場所は変わり、X-MENが活動をする学園。
能力を失い、失意のもとに学園を去ったポラリスと共に、
自分が彼女を守ると自分勝手な我が侭を好き放題
言って出て行ったハボックが一人で帰ってきました。
「彼女はどうした!!?」
ハボック、ポラリスと三角関係にあったアイスマンが
詰め寄ります。ポラリスは旅先で謎の生物に遭遇し、
行方不明になっていたのです。
「何があったんだ!!?言えよ!!!」
アイスマンの怒りにただ黙ってうつむくハボック。
しかし次の瞬間、周りが暗闇に覆われました。
驚いて上空を眺めるX-MEN一同。
そこにあったのは巨大なアポカリプスの宮殿でした。

アポカリプスとの激闘編。
この#182から#186まで全5話構成で続きます。(現時点ではまだ#185までしか行ってませんが)
毎回巻末に、アポカリプスによってHorsemanに改造される者達の人体改造シーンが載せられ、
あまりに痛々しいまるで拷問そのものの改造に結構ドン引きできる、変わった作りとなっています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/492-912cd527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。