rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MARVEL MASTERWORKS (HC) #11 (1989)
【2006/02/27 02:36】 旧カテゴリ
先ほど更新したメインコンテンツのアメコミ紹介において、X-MEN DEADLY GENESIS #4
ストーリーに使われた伏線があまりにも昔からの作品の流れを汲んでおり、
最近アメコミを読み出した方にはさっぱりわからない時代になっていると思われたので、
ここで補足説明をしておきたいと思います。
今回紹介する作品は再録本であり、原作のタイトルは「Giant Size X-Men #1 (1975)」です。
1975年といいますと、今では懐かしのアニメに必ず登場する
フランダースの犬が放送した年です。
そんな時代の作品ですので、絵の古臭さは否めませんが、
結構味わい深い絵柄の時代でもあったりします。
marvel_masterworks-11-1.jpgmarvel_masterworks-11-2.jpg

marvel_masterworks-11-3.jpgmarvel_masterworks-11-4.jpg

教授がセレブロで新たなミュータントを発見します。
教授の命令の下、X-MEN(まだ全員10代)は、
そのミュータントを探しにクラコア島という島に上陸します。
しかし彼らがそこで見たものは…!(画像1枚目)
一人ボロボロになって帰ったサイク。
驚きの表情で彼を迎える教授にサイクは、仲間が全滅したことを告げます。
しかしセレブロの探査の結果生存は確認され、急遽救出メンバーを
集めるため、教授は世界中を奔走します。
そしてその結果、ドイツからナイトクローラー、カナダからウルヴァリン、
テネシー州からバンシー、ケニアからストーム、日本からサンファイア、
ロシアからコロッサス、そしてアリゾナ州からサンダーバードという
新メンバーを招集し、新X-MENを結成。旧X-MENの救助に向かわせたのでした。
そして新X-MENの能力を駆使して、何とか島の中心部で旧メンバーの救助に成功。
その時、島に異変が起こります。
島の大地が突然隆起し、そのまま醜悪な怪物に変化しました。(画像2枚目)
教授のテレパシーが入ります。
「驚愕の事実だが…この島は…この島全体が…巨大なミュータントなんだ!」
そう、このクラコア島とは生きた島であり、
その地表全てが他者を排他するための攻撃パーツとなるのです。
必死に島と戦う旧&新X-MEN。(画像3枚目)
そして最後は教授の提案の下、島をエネルギーで宇宙に吹き飛ばし、
何とか彼らは生還するのでした。(画像4枚目)

何ともスケールのでかい話です。宇宙に飛ばして解決って…
そんなの日本じゃジョジョぐらいしかやりませんよ。
しかもこんな時代の話の裏設定を、この2006年に作ろうって
言うんだから、アメコミは恐ろしいものです。
新規ファンを獲得する気ゼロだろ!

用語解説
セレブロ : 教授が発明した、ミュータント発見器。
サイキック能力者の力量に応じて精度は変わるが、教授やジーンなどの
能力者が使用すれば、世界中の能力開眼前のミュータントですら発見可能。
ちなみに現在は、教授→行方不明、ジーン→死亡のため、
能力をフルに活かせるのはエマのみ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/485-42ce511f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。