rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MARVEL KNIGHTS SPIDER-MAN #1
【2005/12/03 20:59】 旧カテゴリ
毎回毎回、アメコミ紹介と書いてますが、実際はそのほとんどがX-MEN関係。
その理由は私がX-MENが一番好きだからという単純明快なものなんですが、
私は基本的にアメコミはチームものが好きです。
MARVEL社でいうとX-MEN、FF、AVENGERSなどでしょうか。
そのため一人で戦うヒーローものはほとんど買わないわけですが、
あまりアメコミに詳しくない方に「アメコミって言ったら何を思い出す?」
と聞いたらおそらく、スーパーマン、バットマン、スパイダーマンなどが
帰ってくると思います。要するに一人で戦うヒーローです。
ということで本当に稀な事ですが、今回は私があまり読まない
スパイダーマンから「MARVEL KNIGHTS SPIDER-MAN #1 (2004)」を紹介。

X-MENはチーム内の人数が20人を超えるため、一冊では全員が書ききれず
4冊ほどに分かれて連載されているのですが、
何故かこのスパイダーマンは一人なのに何種類もの連載を持っています。
一番中心なのは「AMAZING SPIDER-MAN」であり、
この作品は既に何十年もの歴史を持っています。
そしてそれ以外にミニシリーズが毎年生まれては消えて行き、
現在はアヴェンジャーズにも加入している忙しい身。
おそらくマーブルユニバースの中でウルヴァリンの次に忙しいかと。
そして今回紹介する「MARVEL KNIGHTS SPIDER-MAN」ですが、
これはMARVEL KNIGHTSという一連の作品群の一つであり、
このMARVEL KNIGHTSは大人が読むに耐えられるストーリーと
絵柄を満たした作品を世に送り出すという趣旨で行われています。
そのためこの作品群は皆、ストーリーが重苦しいのが多いです。

mk-spider-man-1.jpgさて、その第一話となる
今回の作品ですが、
朝からグリーンゴブリンと
殴り合いの死闘を演じる
スパイダーマン
(以下ピーター)。
血まみれになりながらも
ゴブリンを倒した彼は
ボロボロになりながら
家に帰り、妻のメリー
ジェーン(以下MJ)と
叔母のメイの前で
吐いてしまいます。
彼を心配するメイと、
いつもの事だと
流しながらも優しく
介抱するMJ。
そして怪我だらけの
顔で、仕事に行く
ピーター。
ですが仕事場に
電話がかかってきます。
その電話の内容は
叔父のベンの墓が何者かに壊されているというものでした。
急いで駆けつけると、そこには確かに無残に破壊された叔父の墓が。
そしてさらに彼の携帯に電話がかかってきます。
「今日は朝からグリーンゴブリンを捕まえてお手柄だったな、
スパイダーマン…」
その電話に戸惑うピーター。彼はその正体を世間に公表していません。
「すいません。間違い電話じゃないですか?」
「叔父さんの墓だけじゃ駄目だったかな?」
「…何が望みだ?」
「よく考えろよ。お前の正体がわかったら、何をすると思う?」
そこでピーターは気付きます。家族の身に危険が及ぶ事実を。
必死に家に戻るピーター。しかしそこに大切な叔母の姿はありませんでした…

最初から相当重い話です。まず第一話の冒頭のシーン。
スパイダーマンがゴミ置き場で倒れているシーンから始まります。
ヒーローがゴミにまみれて寝ている。相当ショッキングなシーンです。
そしてこの作品において、ピーターの顔に傷が無い時はありません。
常に彼は全身傷だらけ、満身創痍です。
そして唯一安らげる家族、心の拠り所が最後に奪われます。
ヒーローをやる事のつらさ、苦痛を全面に押し出した作品であり、
非常に読み応えのある作品化と思います。

用語解説(簡略版)
メイ叔母さん : ピーターが最も信頼を置いている人物。
また彼女も常にピーターのことを大事にし、大切に考えています。
奥さんのMJには悪いですが、明らかにピーターは
メイの方を大事に考えているかと…

グリーンゴブリン : スパイダーマンの宿敵の一人。
後にベノムという敵が出てくるまではスパイダーマンの
最大の敵であり、映画版にも一作目に登場しました。
ピーターの当時恋人であったグエン・ステーシーという女性を殺害。
その後中身は違う人間が演じながら5代目まで登場しますが、
最近になって初代のグリーンゴブリン(本名ノーマン・オズボーン)が復活。
現在もピーターを苦しめています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/468-2b55b24a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。