rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THE UNCANNY X-MEN #200
【2005/07/07 00:33】 旧カテゴリ
uncanny_x-men-200.jpg
今日は思いっきり
古い作品を。
「THE UNCANNY
X-MEN #200 (1985)」。
紙質もかなり悪いし、
絵柄も古臭いし。
今からアメコミを
読み始めようという人には
とても向かない作品です。
(というか今からこの年代の
作品を買う事自体が難しい
のですが)
しかし昔からのアメコミ
ファンの中にはこの頃の
絵のほうが好きと言う
方もいるそうです。

ストーリーは俗に
「マグニートー裁判」と
呼ばれている
X-MENの中でもかなり
有名な話です。
マグニートーが裁判にかけられるのですが、
結局裁判長を操って無実を勝ち取ります。
そして当時瀕死の状態だった教授はマグニート-を信じ、
彼にX-MENを託して宇宙に治療に出かけるというストーリー。

しかし何でこの二人、お花畑の中で話し合ってるのでしょうか?
しかもマグニートーはまるで眠れる姫にキスをする王子みたいな
ポジションで教授と話し合ってるし…
最後のコマはもう、このまま本気でキスでもしそうな雰囲気です。
さすが元親友。友達以上の関係だったみたいです。(違う)



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/448-a9bfce96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。