rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FEAR ITSELF #6
【2011/10/17 22:38】 アメコミレビュー
倒れたソーを担いでアスガルドに行くアベンジャーズ。
「彼を今すぐ治せ!」
オーディンに向かってキャップがそう命令します。
突如現れて神に向かって不躾な言葉を吐くキャップに、さすがのオーディンも驚きます。
「お前は…何を…よくもこの私に向かってその様な口を。
私は全ての父であり、この地は…」
しかしキャップはさらにまくし立てます。
「黙れ。後ろにいるのはお前の兵か?」
「そうだ。アスガルドの兵だ。お前達の小さき世界に行進する準備は整っている。」
「もっと多くの兵を連れて来い!!」
オーディンの我慢もそこまででした。
「去れ、この猿めが。」
オーディンが放った光によりキャップ達は地上に戻されます。
しかしソーは、アスガルドの大地に残っていました。
意識を失い地面に横たわる息子を抱いてオーディンが戻っていきます。

自分の部屋で息子を看病する父。やがてソーが目を覚まします。
するとオーディンは息子に鎧を渡しました。それはかつて自分が身に着けていた鎧でした。
そしてさらにオーディンは眩い光を放つ大剣をソーに渡します。
オーディンの剣。その本当の名は"ラグナロク"。

そしてオーディンと、彼の武具を身に着けたソーは、鍛冶場へと向かいます。
そこにはアイアンマンが待っていました。人と神による武器の精錬が始まります。

地上にあるアスガルドの跡地ではキャップが一人、
アベンジャーズを残してどこかに行こうとしていました。
「スティーブ、どこに行くんだ?アイアンマンはどこだ?ソーは?
俺達だけで何をやろうって言うんだ?」
そう聞くホークアイにキャップが答えます。
「彼らならいずれ来る。彼らの事など心配してないで、自分の事を考えろ!」
「ならお前はどうするんだ?」
「私は最前線に行く。」

fear_itself_6.jpgそしてキャップはサーペントの城が
見える最前線に一人赴きます。
そこにはまだ一般人の姿もありました。
「ありゃ一体何なんだ!?」
「何だかヤバい感じだぜ。
町まで戻った方がいい。
家族の無事を確かめよう。」
そこにキャップが現れました。
「賢い選択だな。
あれこそは地獄の首都だ。もうすぐここに来る。
そして破壊の儀式が吹き荒れるんだ。」
そう言ってキャップは、
一般人達が武装用に用意していた一丁の銃を手にします。
「ここは終焉の場所だ。私は民兵をここに募る。
君達は私と共に戦って死ぬ選択もあるし、
家族の元に帰る選択もある。
君達自身が選べ。判断を委ねるな。
ただし、もし去るならば武器は置いていってくれ。
私が使うからな。」

そしてサーペント達が接近してきました。
「この時を永い間待ったぞ。」
キャップが言います。
「そうだな、クソ野郎め。お前に恐怖というものを見せてやる。」
しかしそう言うキャップの後ろには誰もおらず、銃だけが転がっていました。


キャップ格好いい!さすが映画絶賛公開中。
アメリカの正義のシンボルの割には口が悪いですが。

最後の民兵を募るシーンは切ないですね。人々の正義の心に賭けるも、その結果は孤立無援。
力無き一般人にソーすら打ちのめす様な敵の相手をしろと言うのが無理な話なのですが。
そう考えると無茶言うなぁ、キャップ。
象徴である盾を破壊され、猟銃片手にキャップがどこまで戦うのか。
そして神の武具は間に合うのか。神の剣ラグナロクの威力は。
次号、最終回に乞うご期待。

個人的には猟銃で意外と善戦するキャップを希望。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
キャップ映画のレビューをいくつかあさってみると
「アベンジャーズで三人が集結するらしいけどアイアンマンとソーだけでキャップいらなくね?」的な意見をいくつか散見しますが
これはそういった意見を持った方へのキャップの立ち位置の明確な回答ですよね
力が無いからこそ強く、象徴になり、そしてかっこいい!
【2011/10/18 01:57】 URL | とおりすがり #- [編集]
 
剣の名前がラグナロクというのは、どう考えても日本製の
某ファンタスティック・フォーとまぎらわしくて困るアレではないですか(笑)
こういうところで日本文化の影響が見えるのは面白いですねー。

最近ウィンターソルジャーの邦訳を読んだので、
銃を手に取るキャップもまたかっこよく見えますね。
もう、シヴィル・ウォーで民間人に捕まって投降した人物だとは思えません。
あの時は本当にどうかしていたのでしょう。
【2011/10/18 03:23】 URL | 名無し #NYrh2GMg [編集]
 
キャップかっこええ~~~(;∀;)
【2011/10/18 05:19】 URL | 黒川侑二(クロッカス) #8l8tEjwk [編集]
 
そういえばキャップもソーのハンマーを持てる資格がある設定がありましたね。最初はその線での展開も期待してたんですがないみたいだし、この後キャップの行動に感化されて人々が勇気を取り戻しサーペントに対抗する力となるベタな展開でも熱いんですが。
あとヒゲの新アーマーはいかにもアレなシルエットなのでマスク開けたらえらい事になりそうな気がするw

キャップの映画観てきましたが、ソー同様アヴェンジャーズへの繋ぎ感が拭えない出来とは言え、単品としてはこっちの方が面白かったです。
エンドクレジット後の予告で来年に期待。アイアンマン、キャップ、ソーの知恵と勇気と力が揃ってこそのアヴェンジャーズBIG3ですね。
【2011/10/18 16:16】 URL | サントス #- [編集]
 
近年のサイクも、キャップと同じく、
ミュータントにおける揺るがない信念の礎だったはずなんだがなあ……
【2011/10/18 21:24】 URL | ねこねこねこ #- [編集]
 
>とおりすがり様
キャップの一番の格好良さは不屈の闘志ですよね。
絶望的状況でも彼がいれば何とかなる。
そう思わせてくれるのは彼ぐらいです。

>名無し様
ソーはあまり詳しくないんですが、
オーディンの剣自体は昔からあったような記憶もあります。
ラグナロクって名前は今回が初なのかな。
普段読まないから、ここら辺が曖昧なんですよね。

昔は違和感がありましたが、キャップは最近また逆に銃が似合ってきましたね。

>黒川侑二(クロッカス)様
でも何か今回のキャップは少し苛立ち過ぎですね。

>サントス様
映画はどれもアベンジャーズを意識しすぎですよね。
全部にそれぞれ他の作品との関連設定が出てきて。
でもどれも基本的に面白いから別にいいんですけどね。

>ねこねこねこ様
サイクには何が足りないんでしょうね。
…って人望ですか。そうですか。
【2011/10/18 22:03】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/420-e147db58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。