rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


X-MEN #18
【2011/10/14 23:19】 アメコミレビュー
ドゥームとジョージを連れ、自軍を進撃させる皇帝。
「皇帝の力は大地を支配する力よ。」
そう言うと彼は生い茂る森の前に立ち力を込めます。
その瞬間、木々が生き物の様に動き、森が裂けて彼の前に道を作りました。
「これが栄光への道だ!」

一方ウルヴァリン達はリーと共に遺跡まで戻って来ていました。
ウルヴァリン達を襲ったカダックという民はこの世界の原住民であり、
侵略してきたスコーピアス族と戦っていましたが、スコーピアス族は彼らの得意な
精神攻撃から身を守るために精神バリアを張り巡らした都市を建設したとのことです。
「X-MENとFFが来てくれた今こそ、奴らの城壁を打ち崩すチャンスだ!」
と叫ぶジェイムスですが、まずは計画を練るべきだとリーが諭します。
そしてまずは状況を見るために、スコーピアス族の都市に潜入する計画が決行されました。

彼らはピクシーのテレポートで都市周辺に移動しますが、そこで敵の歩兵を見つけます。
血気盛んなこのチームが黙って隠れている訳も無く、そのまま戦闘開始。
その勢いで都市の城壁を破壊し、中に進入します。
捕まってしまったサイク達の救出と精神バリア装置の破壊を
ピクシーとリーに指示して暴れまわるウルヴァリン達。
その報告は都市を離れていた皇帝の耳にすぐ伝わりました。
「私が自ら戻り、相手をしてくれるわ!」
そう叫ぶと皇帝は大地と一体になり、地面の中に潜っていきました。

都市では相変わらずウルヴァリン達が大進撃を続けます。しかし、
「哀れな異世界の者よ!本当にスコーピアスを倒せるなどと思ってはいまいな!?」
大地から突如現れた皇帝の前に、苦戦を強いられます。

x-men_18.jpg皇帝がいなくなった進軍先では、
ドゥームがスコーピアス族を
数名連れて持ち場を離れていました。
「ドクター・ドゥーム、
身元不明の存在が接近してきます。」
スコーピアス族の兵士がそう告げます。
やがて彼の前に一人の男が姿を現しました。
「彼は我々の方に来るみたいです。」
「この件は私が一任する。」
ドゥームが兵士にそう言うと、
目の前に現れた男…
マグニートーが話しかけて来ました。
「ドゥーム!ここで何をしている?
この者達は何だ?」
「別に何でもない。
ただの…消耗品だ。」
そう言うとドゥームは兵士達を攻撃し、
マグニートーと二人きりになります。
「まずは説明が必要だな、ドゥーム。」
「もしお前が我等の仲間を守り、
この悪しき世界から脱出したいのであれば、
私が今から言うことを、すぐに実行に移すのだ。
貴重な時間を説明に費やしている余裕はない。
お前が聞くべき質問はたった一つ、マグニートー。
お前はこのヴィクター・フォン・ドゥームを信用できるか?」

サイク達を救出するために都市の内部に入り込んだピクシーとリー。
彼女達が不安げに建物の上層部から下層を眺めます。
「わが栄光のコレクションを飾る場所を新設せねばな。
ドゥームの世界を征服する際に、奴らの言うヒーローとやらが、
いかに無力であるかを見せ付けてやらねばならんからな。」
皇帝が誇らしげに言う前で、ウルヴァリン達は打ちのめされ、
その身を拘束されていました。


皇帝強っ!
ウルヴァリンとザ・シングとジェイムスが全力で戦っても勝てないとは。
大地を操れるって意外と結構強いですよね。木とか土とか好きな様に操れるんですから。

そして今回の主役はやっぱりドゥームでしょうか。
予想通りの逆スパイ活動。
まさか彼の口から「仲間を守る」なんて台詞を聞ける日が来るとは。
それを内密に伝える相手がマグニートってのがまた面白い。
昔なら完全に悪の相談なのに、今回は二人ともヒーロー側として
一切の裏も無く行動してるんですよね。
サイクやウルヴァリンが次々と捕まる中、突破口を開くのが彼らの元ライバルという今回の話。
実に面白いと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 
二人とも頼もしすぎる、かっこよすぎる、美形すぎる(笑)
こんなヒーローたちがいてくれれば安心ですよねー。
【2011/10/15 01:55】 URL | 名無し #NYrh2GMg [編集]
 
でもドゥームさんって割と下心あってこそで味方につく人だからな~。
「余はこの世界のこのパワーを手に入れる為にここまで来たのよ」とか言いそうw
【2011/10/15 02:11】 URL | サントス #- [編集]
 
>名無し様
確かに彼らって今まで一人でX-MENやFFと互角に戦ってきたような
猛者だから仲間になると心強いのは当然なんですよね。
X-MENとか今や数十人レベルですが、ぶっちゃけ今回のメンバーだけで
ほとんどの事は出来る気がします。

>サントス様
普段FFをそこまで追いかけてないのでドゥームが何であそこまで
FFと仲良くなってしまったのかが不明なんですよね。
今までの事を全部水に流して完全に和解したのか、
闇取引で互いの利益の為に共闘してるだけなのか。
それでだいぶ見方も変わると思うのですが。
【2011/10/15 12:27】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/417-daf72ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。