rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


UNCANNYX-MEN#517
【2009/12/07 00:21】 アメコミ原書翻訳
「早く!今すぐ撃ち落して!」
そう叫ぶナイトクローラーにサイクは
「わかった、カート。だが何があったのか先に説明してくれ」
と聞きます。
「プレデターXだ…それも5匹…」
それを聞いたサイクは
「ならば一撃で決めないとな!」
と言ってジェット機にオプティックブラストを撃ち放ちました。
その攻撃はジェット機を確実に捉え、空中で大爆発を起こします。
破片が舞い散る中、サイクはカッコウズに指示を出しました。
「水の中を精神探索しろ。奴らがあと何匹いて、どこいるか調べるんだ。
そして島中にも拡張精神リンクを今すぐ張れ。」

「了解。サマーズ先生。
5匹いました。でも先生の攻撃で1匹は死亡。生存しているのは4匹です。
3匹は密集していますが1匹はそれから離れています。
なおパイロットは生存の模様。海上を泳いでいます。
最も近くにいる個体は海岸から数分の距離。意識は凶暴で発狂しています」
カッコウズの説明を聞き、サイクが次の指示をX-MENに出します。
「わかった。プレデターXはミュータント用の外殻強化改造狩猟獣だ。
前回の戦闘時はウルヴァリンをわざと捕食させ、内側から攻撃することで何とか撃破した。」
「ああ、だがその戦法は今回は使えねぇな」
ウルヴァリンの言葉にサイクが頷きます。
「そうだ。今回は複数体だ。1匹の相手をしている間に他の固体から攻撃を受ける。
それを踏まえて戦術を取らねばならん」
それを聞いてマグニートーがサイクに問いかけました。
「4匹を同時に相手する戦術があるのか?」
「問題ない。既に計画済みだ。今回は君とアトランティスの王がいる。
では皆、私の命令通りに動いてくれ。一歩間違えば死が待ってるぞ!」
それを聞いたネイモアは
「私は君の手助けをすると言った。命令に従うと言った覚えはない。
アトランティスの王が軍人のように動くわけにはいかぬ。
君はここで君の計画とやらを実行したまえ。私は私のやり方で君の楽園に迫る脅威と戦おう。」
そう言うと単身で海中にいるプレデターXに向かって突撃して行きました。
そしてネイモアが戦闘に入ると同時に
「サマーズ先生、2体上陸しました。こちらに来ます」
カッコウズの報告通り、ユートピアの海岸沿いの崖を登って迫りくるプレデターX。
「了解だ!2グループに分かれろ!奴らのはらわたを引きずり出してやれ!!
出遅れた方のチームは後で罰としてビールの買出しに行かせるからな!!」
サイクの指示の元、X-MENも戦闘に突入しました。

一方シェルターでは生徒たちと、保護者としてエマとローグが隠れていました。
「来たみたいね」
「ええ、そうみたい」
生徒の一人がローグに聞きます。
「何故あなたは他のX-MENと一緒に戦わないの?」
「私の能力はここ最近でだいぶ変わってしまったの。
サイクロップスはそれで私を参加させるのは危険とみなしたみたいね」

そして戦場。サイクが的確に指示を続けます。
「マグニートー!こいつらは金属の皮膚で覆われている。君なら…」
「わかっているとも、サイクロップスよ!
金属に覆われし怪物よ…磁界の支配者の力を知るがよい!!」
マグニートの攻撃により、金属の鎧を剥がされ、その肉を剥き出しにされるプレデターX。
しかしその能力の使用により、もう若くないマグニートーにも疲労の色が見えます。
「ナイトクローラー、彼を安全な場所に」
サイクはそう言ってマグニートーを戦線離脱させました。そして、
uncanny_x-men_517-1.jpg「あと少しだ。アイスマン!」
「準備は万端だぜ!ボス!」
アイスマンの能力により
氷詰めにされるプレデターX。
「今だ!コロッサス!!」
コロッサスが動けないプレデターXの
口を開いて押さえます。
「次は君の番だ、ブーン・ブーン!」
そしてブーン・ブーンの時限式念動爆弾が
プレデターXの口に放り込まれ…
「3…2…1……撃破!!」
1匹目が爆散しました。
「マグニートーに感謝の意を伝えてくれ。
まずは1匹倒した」
カッコウズが張った拡張精神リンクによる
サイクの言葉にナイトクローラーが答えます。
「たぶん彼もわかってると思うよ」
「うむ…よかった。私ももう若くないのだな。
私には助けが必要なのだ…」
そう言って意識を失うマグニートー。
「スコット!マグニートーが疲弊して倒れた!
しかもネイモアも勝手に動いてしまうし…」
「彼らは我々の新たな2大巨砲だ。問題ない。」
残ったプレデターXと戦いながらサイクは
ナイトクローラーにそう伝え、前線のメンバーに指示を続けます。
「あの繰り返し行ったトレーニングを思い出せ!プレデターの急所を見つけ出すんだ!!」

一方、海中でプレデターXと戦い続けるネイモア。
「貴様が強いことは認めるが、もういい加減に飽きてきたな…っ!」
そこに何者かが放った槍がプレデターXを貫きました。それはアトランティスの兵士達。

そしてサイク達が戦うプレデターX。
互いに一歩も引かない死闘となっていましたが、そこに新たなメンバーが参戦しました。
激しい雷光がプレデターXを襲います。
「いつもながら君の登場はタイミングが良すぎるな、ストーム」
「ごめんなさい。少し遅れたわ。
最近あまり参加してなかったから、私の事なんか忘れてるかと思って」
「取り敢えず気絶はさせたが、まだ終わっていないぞ。体勢を立て直して攻撃を続けろ」
そしてサイクは精神リンクでローグに連絡を取ります。
「皆はちゃんと無事に隠れられたか?」
しかし彼女たちの前には、最後の残った1匹が大口を開けて立っていました。
「ローグ!彼に問題が起きたと伝えて!!」
エマがそう言いますが、ローグは
「少し待ってて…」
サイクにそう伝えると手袋を外しました。
「みんな…私に触れて。今すぐ。あなた達全員よ」
そう言って生徒たちに自分の腕を差し出しました。
その場にいる生徒全員…
それにより彼女は彼らのすべての能力、
アノールとサージの俊敏性、
ロックスライドの自己分割攻撃、
ジェントルの超密・超強度身体構成
ダストの身体砂状能力
マーキュリーの身体金属化能力
そしてアーマーの念動防壁作成能力を
一時的にすべて手に入れます。
「もしも私がこいつに負けたら、エマ先生に従って脱出して。
死ぬ気で逃げるのよ」
uncanny_x-men_517-2.jpgそう言って単身で
プレデターXに立ち向かうローグ。
「この子達を安全な場所に避難させたら、
すぐ戻るから!!」
エマが生徒たちを逃がしながらそう叫びます。
しかし生徒たちの能力をすべて手にしたローグは
自分の身体を細かく分散させ針状にして
プレデターXに突き刺し、その針それぞれに
念動防壁を作って爆発させることにより
プレデターXを撃退するのでした。
「…子供たちは無事よ」
誇らしげにサイクにそう報告するローグ。
「私たちの能力で倒したの…?」
そう聞く生徒たちに
「チームワークの勝利ね」
そう言いながらローグはサイクに問いかけます。
「スコット…
私たちはこのままここで待機していればいい?
それともそっちに参加した方がいい?
指示をお願い」
「そのままで待機していてくれ、ローグ。
我々ももうすぐ……ローグ?」
なぜか突然遮断される精神リンク。
「ミンディ?何か精神リンクが切れちゃったんだけど…何かあったの?」
ローグがそう聞きますが、その声も彼女たちには届いていません。
「カッコウズ!!どうしたんだ!!」
サイクの目の前でカッコウズが悲鳴を上げて倒れこみます。
そしてそこから出てきたのは…
「ああ…何て事だ…フェニックスフォースが彼女達から出て行っただと…」
そうです。PHOENIX ENDSONG誌でジーンからカッコウズが引き継いだフェニックスフォースが
何故かこのタイミングで彼女達から離れ、宇宙へと飛び立って行ってしまったのです。
しかしサイクには驚いている暇はありません。
「サアアアイクロオオオップス!!!」
戦闘中のウォーパスが次の指示を求めます。
しかしさすがのサイクも突然の出来事に気が動転し頭が回りません。
プレデターXがそれを狙い、サイクに襲い掛かります。しかし間一髪…
ドゴオオオオオッン!
巨大な弾丸がプレデターXの眉間を貫きました。
その弾丸の主はジェット機のパイロットであったスカルプハンターでした。
彼の能力は機械を好きな形に変化させること。
それで彼は巨大なショットガンを作ってプレデターを撃ち抜いたのです。
「助っ人が必要な感じだったからな」
「その化け物が自己修復する前に完全に息の根を止めておけ!
それとスカルプハンター!お前は今すぐ私の前に来い!!」
サイクが厳しい口調で命令します。そしてそこにエマがやってきました。
「スコット…私とあなたの精神リンクが切れたみたいだけど…」
「そうだ。フェニックスフォースがカッコウズ達から出て行ったんだ。
それで切断されてしまった」
そう言ってエマと一緒にカッコウズに駆け寄るサイク。
「あの子達はまだ生きてるの?一体何があったの?」
「サイキック能力は私の専門じゃないんだ、エマ…
しかしこの子達の能力がなくなった以上、君に戻ってもらうしかないな。
精神リンクがなくては我々は途端に無力になってしまう。」
(エマはユートピアにおけるダークアベンジャーズとの戦いにおいて、
セントリーという超人の中に潜むヴォイドというセントリーの
本体とも闇の部分ともいえる存在を彼から引き離し、自分の中に封印しました。
しかしそのせいで彼女の中でヴォイドが暴れないよう、
エマは現在、常に自分をダイアモンドフォームでコーティングし、
サイキック能力も使用できない状態になっています。)
「一体誰が何のためにこの化け物を送り込んできたのか。
エマ、明日の朝に君の精神レスキューを行う。
その前にまずは今日中にスカルプハンターから事情を聞こう」
そしてスカルプハンターにデンジャーが事情聴取係として送り込まれました。
「コンニチハ、スカルプハンター。私ノ名前ハ、デンジャー。
誰ガアナタヲ、ユートピアニ送リ込ンダノカ教エナサイ」


何ですか、この異様にサイクが格好いい展開は……
サイクがリーダーなのは、別に指導力が優れているからではなく
他に何の取り柄もなかったからリーダーぐらいしかやれる事がなかったから(エマ談)
だと思ってたのに…
何なの、この的確に指示を出し続けるリーダーの理想像みたいなサイクは!?
サイク好きは、サイクが活躍するところじゃなくて、
サイクがいつもの様に微妙な動きをしてスコットって言うかスットコじゃねぇか!
みたいな展開になるのを求めているのに
何が彼をここまで変えてしまったのだろう…

まあ、それはさておき。
何でここに来て突然フェニックスフォースの話を出してきたんでしょうかね。
ここでやらずとも、別の機会でもよかったと思うんですが。
突然すぎてサイクも私も呆然です。
こうやって何事もなく突然過去の伏線を使い始めるからアメコミは怖い。

今回のポイントは
・サイクの異様なまでの活躍
・マグニートーの私はもうお年寄りなので大事にして下さい発言
・ローグのX-MEN正式復帰の伏線
・NEW X-MENの生徒たちが久しぶりに集合(ただし脇役)
・スカルプハンターがまた登場
・フェニックスフォースはどこ行った?
・エマのヴォイド摘出への予告
といった所でしょうか。
相変わらずですが、風呂敷広げすぎて回収出来ないのは勘弁して下さいよ。

最後に。
uncanny_x-men_517-3.jpg
サイクにプレデターXに止めを刺せと命令されて、
後ろで一生懸命後処理をさせられてる戦闘班。
背景扱いで重労働させられてる、この絵が何か笑えました。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
 
なんの前触れもなく、フェニックスフォースの話が再び出たんですね。

カッコウズとの間に何が、あったんでしょうか。

ローグの合成能力は、かなり最強みたいな気がします。
【2009/12/07 01:05】 URL | mr.excelsior #- [編集]
 
Phoenix Forceって、たぶんHopeに絡んでくるんだと思うんですよねー。
だから、メシア三部作完結編前にCuckoosから引き剥がされたんじゃないかと。
しばらく前に、Marvel Girlからも突然脈絡なく去っていきましたしね。

Rogueの攻撃カッコよかったですよねー。
うちのブログでは言葉だけでそのカッコよさを伝えようと頑張った結果、今読み返すとだいぶ内容に誇張や間違いが含まれていて残念だわw
【2009/12/07 10:14】 URL | コデラ #- [編集]
 
なんだこの異様に燃える展開は!!
こうやってヒーローがどんどん出てくる展開はすごく好きです。
自分はShe-HulkやDeadpoolなどの単独誌しか読んだことがないのでAvengersやX-Menには憧れますね。

Sttoco Summersも成長したんですねえ。リーダーとしてのカリスマ性はCapにも比類するようになるんでしょうか。

個人的に気になるのはNamor。兵士達の助太刀でPredatorXも多勢に無勢となってしまうのか!
【2009/12/07 12:21】 URL | ラントル #0ws2NdH. [編集]
 
>mr.excelsior様

ローグのあの能力はちょっと反則ですよね。
遊撃部隊の隊長に戻る日も近そうです。

>コデラ様

ブログの更新内容が被っちゃいましたね^^;
しかし一日でUNCANNY・LEGACY両作品を紹介とは…
さすがコデラ様。私にはとても無理だ…

ホープ絡みは完全に盲点でした。
あの子、未来世界でケーブルに育てられるなんて
狂戦士育成コースまっしぐらですよね。
これでフェニックスまで手にしたら誰も手が付けられないですよ。

>ラントル様
単独誌の方が、その主人公の個性が深く描かれるので
そのキャラが好きな人にとっては、チームより楽しいでしょうね。
残念ながら私の好きなサイクが個人誌を持てるのは数年に一回ですが。

そういえばネイモアは結局どうしたんでしょうね。
彼だけ、最終的にプレデターXを倒した描写がありませんでしたけど。
【2009/12/08 00:06】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
 
何この「主人公のピンチに続々とかつての敵や仲間が駆けつける」怒涛の熱い展開は!?
ローグのシーンも含めて「強大な敵に協力して立ち向かう」というテーマが随所に込められていてUNCANNY誌も定期購読するべきだったと後悔しています(マグ二ートーが仲間になる前号しか予約してなかった)

しかしカッコウズの能力が失われたり、エマのダイヤモンドフォーム解除フラグが立ってるところを見ると、今現在のネクローシャ展開は時系列的にこの「プレデターX襲撃」前と言う事になりますね。X-MENレガシーのクロスオーバーが2か月(劇中では1週間)遅れなのも納得です。


…あああとサイクロプスの事について言いたい事があるのですが、これは掲示板の方に書かせて頂きます。
【2009/12/17 00:32】 URL | オレンジフード #5tpBcxeQ [編集]
 
>オレンジフード様
UNCANNY誌は非常に熱い展開なので、是非ご購入を。

>ネクローシャ展開は時系列的にこの「プレデターX襲撃」前
そうなるとネイモア達とこれからどうするか相談する前の話ですから、
ユートピア独立宣言直後になりますね。建国宣言していきなり死体だらけか…
かなり先行き不安です。

最近のサイクについての所感は掲示板に返信しましたが、
どうも最近、完璧なリーダーを目指しすぎてて、昔より人間味が薄れている気がします。
悩んだり怒ったりするだけでなく、皆で仲良く野球やら食事やらしてた頃の
楽しそうなサイクがまた見たいですね。
【2009/12/18 00:46】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]
以前からそちらにカキコミしていたものです。
ブログ再開おめでとうございます。

シークレットインベーダーを皮切りに
エックスメン・マーベルコミックスの展開が様変わりしてきたのは知ってますがまさかネイモアがメンバーになるとは!

EXの方でBLOGやっててます。e・X・blog・jpの前にnotyou0508をつけてアクセス、あるいは“アメコミ”で検索
【2009/12/20 01:32】 URL | notyou #Wn.2/1uk [編集]
 
>notyou様
>以前からそちらにカキコミしていたものです。
>ブログ再開おめでとうございます。
ありがとうございます。
以前にコメントを頂いたとの事ですが、もしかしたら違う名前だったのかな?
すいません。コメント履歴を確認したのですが、見つかりませんでした。

>まさかネイモアがメンバーになるとは!
智将エマさんがX-MENに引き込みました。
その手段は、エマ自身も後悔する方法でしたが。

>EXの方でBLOGやっててます。
確認しました。
私がサイトを放っていた間に、新しい仲間サイトが増えていて嬉しい限りです。
リンクを貼らせて頂いたので、今後もよろしくお願いいたします。
【2009/12/20 20:19】 URL | rise #r1y2oiqA [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/288-2818f786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。