rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


X-MEN #192 (2006)
【2006/10/28 22:50】 旧カテゴリ
"SUPER NOVAS" 第5話。
作画の人が元に戻って一安心。
学園内では保護していたレディ・マスターマインドが
目を覚まします。ずっと意識不明だった彼女は現在の
状況がよくわからず、点滴を挿したままの包帯姿で
学園内をうろつき、生徒達を驚かせますが、ハンクが
状況を説明して、納得します。
一方、ローグ達は動きを抑える薬をクリードに注射して、
非常時に彼の行動を制限しようとしますが、
クリードは大暴れして抵抗します。何とかサムが体当たりで
クリードを気絶させ、その間に注射する事に成功。
そしてケーブルはコンピュータルームで敵の情報を探します。
そこに入ってきたのはミスティーク。
「…どういう意味だ?」
「言った言葉通りの意味よ。
未来では私の記録は残っているの?」
「お前の名はしっかりとデータベース上に残っている。
裏切り者…現代のユダと呼ばれてな。」
「裏切り者?誰を裏切ったと言われているの?」
「俺の時代から見れば2000年前の時代の記録だ。
知るわけ無いだろう。頼むから俺の邪魔をするな。」
そんな事を言いながら、ついにケーブルは彼らの場所を
突き止めます。彼らはタンカーを空に飛ばし、そのまま学園を目指していました。
「こんな目立つもので飛んでたら空軍に襲われるわよ?」
そう聞かれて彼らのリーダーであるサングレが答えます。
「ちゃんとシールドで覆ってあるからレーダーには見つからん。
まあ、道を歩いてる奴らが空を見上げたら見えるかもしれんがな。
しかし、あえてシールドを解除しよう。セラフィナ、解除だ。」
「今?そんな事をしたら…」
「いいんだ。俺達はミュータントを…そして人類を抹殺する。そろそろお披露目といこう。」
それから数分のうちに、早速空軍が彼らに襲い掛かってきました。しかし彼らにとってはただのゲーム。
誰が一番落とせるかを競い合って戦闘機を爆破していきます。
学園では、彼らのタンカーに乗り込むべく、ローグ達のチームがブラックバードに乗り込んでいました。しかしそこに、
「ローグ、ちょっと待て。」
「何か問題でも、スコット?」
「ああ、幾つかな。まずクリードについてだが、あいつを連れて行くのか!?」
「クリードなら今は敵ではないわ。もしもの時用に、さっき注射も打ってやったし。
あの注射はカサンドラ・ノヴァが以前に使った使った薬よ。その効果は知ってるでしょう?」
「それが次の問題なんだ。あんなものがまだ残ってるなんて俺は聞いてもいなかった!
あれはそう軽々と扱っていい代物じゃない!!」
「ビーストがサンプルをまだ持ってたのよ。」
「あれはミュータント用の大量破壊兵器だ。そんなものを使って、何を考えているんだ!?」
「サイクロップス、奴らは空軍管轄領域にいる。すぐに戦闘が起こるだろう。」
「ネイサン、これはX-MENの問題だ。口を挟まないでくれ。」
「今は彼もX-MENよ、スコット。あなたがこの前、自分で言った事をもう忘れたの?
独立遊撃部隊を私に率いろって言ったじゃない。
あなたがこの学園を守っている間に私達が彼らを倒す。時間が無いのよ。」
そしてX-MEN遊撃部隊が出撃しました。
セイバートゥース、ケーブル、レディ・マスターマインド、カリマ、アイスマン、ミスティーク、キャノンボール、
そしてリーダーのローグから構成される攻撃特化のチーム。
ブラックバードでタンカーに乗り込む彼女らの前に、Children of the Vaultのメンバーが現れます。
「X-MEN ENGAGE!!!」
ローグの戦闘開始命令を機に、一気に激戦地と化すタンカー。
しかし、サングレは余裕の表情でローグにこう言いました。
「もう戦闘は終わりだ。俺達は目的地に着いた。
お前達の大事な生徒…NEW X-MENが死滅するのを見るがいい。」
そう、いつの間にか彼らは着いていたのです。X-MENの基地…そして帰るべき家である学園の上空に。

いいですね、このガラの悪いメンツばかり揃ったX-MENは。いつの間にかカリマとか参加してるし。
覚えてない方のために一応説明しておくと、彼女はオメガ・プライム・センチネルという特殊な人間で、
10年ぐらい前にバスチオンという男がX-MENを攻撃した際に改造したセンチネルです。
最近だと打ち切り終了のNEW EXCALIBUR誌に出ていましたが、あまり覚えられてないみたいですね。
レディ・マスターマインドも過去作からの復帰キャラで、こっちは確かX-Treme X-Menが初登場だったような。
名前の通り、マスターマインドの娘さんです。
ってマスターマインドも最近は出てこないので説明が要るのでしょうか?
少なくともヒーローチームには見えないアウトロー的な遊撃X-MENですが、
それだけに今後の大暴れに期待大です。
あと最近のこのX-MEN誌でのサイクの扱いがマジでチョイ役なのがサイクファンには逆にいい感じ。
サイクって本来こういった位置ですよね。次回は相当派手なバトルが期待できそうなので、今から楽しみです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rfd.blog1.fc2.com/tb.php/192-94d9718a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。