rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


暫定更新停止連絡⇒【追記】再開します
【2011/05/17 22:28】 雑談
ついさっきの話ですが、何故かパソコンが突然クラッシュしました。
現在はスマートフォンアプリから暫定的に書き込んでますが、
まともに更新できる状況にないため、
パソコンを修理に出して戻ってくるまで更新を停止します。
コメントのレスもスマートフォンからでは慣れていない為、
遅れる可能性があります。すいませんが、ご了承願います。

5/18 18:30 追記
パソコンショップに持って行ったら、悪質なスパイウェアとの事。
ハード自体にダメージはないので、初期化すれば直る可能性が高いそうです。
とりあえず三日程預ける事になりました。
深刻じゃなかったけど、書きかけのブログ記事が消えた心のダメージがでかいなぁ。
また一から書く気がしない。

5/21 10:00 追記
パソコンが初期化されて戻ってきました。
現在は全てのセットアップも完了して、無事元の状態に。
ってことで更新を再開します。思ってたよりも早かったなぁ。
何にも連絡せずに半年とか2年とか放置する癖に、真面目に連絡したら一週間で復帰って…

ちなみに。
私が感染した謎の強烈ウィルス(もしくはスパイウェア)の動きは
1:デスクトップ上の全てのファイルとマイドキュメントの中の全てのファイルを削除する
2:スタートメニューからアクセサリの項目が消える
3:謎のインストーラーがキャンセルしてもキャンセルしても出てくる
4:それによって負荷が上がり、CPU使用率が100%に
5:突如謎のリカバリー画面が起動
※私が独自に調べた結果、以下のアドレスに記載されたものと同じ症状
http://www.bleepingcomputer.com/virus-removal/remove-windows-vista-recovery
6:上記リカバリーウィンドウはタスクマネージャーからkillしない限り消えず、
  また消してもすぐ再起動してくる
7:リカバリー画面が勝手に(嘘の)HD破損状況を報告し、修復するにはここをクリックというメッセージが出る
8:クリックすると「有償なのでクレジットカード番号を入力」というメッセージとともに入力画面が出る

私はこの状態まで確認してお店に持って行きましたが、番号を入れると情報を抜き取る仕組みなんでしょうね。
上記アドレスに記載された情報が5/14と書かれていて、私のパソコンで発生したのが5/17というところから
かなり新種のプログラムだと思います。おそらくVISTA上のみ機能するみたいですが、皆さんもお気をつけて。

5/21 17:00
信じられない事に事象再発生。
パソコンショップに確認の電話します。

5/21 18:00
再度パソコンショップに持って行きました。
無料で再調査してくれるそうです。

5/28 18:00
パソコンショップからパソコンが戻ってきました。
前回はシステム系に問題があると判断してCドライブのみ
初期化したけど事象が再現したことからDドライブにも感染したと判断し、
すべてのドライブを完全に初期化したそうです。
返って来たパソコンを起動したら、
異常な数のセキュリティソフトがインストールしてありました。
しばらく様子見。

5/31 10:00
落ち着いたので、改めてネットで探すと、被害報告が多数ありました。
私が感染した頃は日本語の感染報告はほとんどなかったのに、
今や「recovery ウィルス」でググると300万件以上のヒット。
やはり今月から猛威を振るい出した新種みたいですね。
悔しいのが、実はファイルは削除されたのではなく、
隠しファイルにされただけであり、本当は退避可能だったという事実。
あの頃は何も情報がなかったものなぁ。
かなりの爆発的感染拡大を見せているようなので、皆さんも本当に気をつけて下さい。

スポンサーサイト
アメコミレビュータイトル一覧
【2011/05/16 00:00】 アメコミレビュー索引
簡易レビュー作品もリニューアルしてから50作品を超えたので索引を作りました。
「アメコミ原書翻訳」カテゴリと比較すると内容は軽く、時にはふざけて書いていたり、
中身もよく読まずに絵だけ見て感想を書いてるなんてものもあって、
資料的価値は皆無ですが、暇潰しにでも読んで頂けると幸いです。
なお私の独断でおすすめだというレビュー記事にはマークが付いています。
50作品ごとに区切っています。   ※最終更新日:2014/10/12

レビュー251作品目~266作品目
ORIGINAL SIN #8 [2014]
UNCANNY AVENGERS #24 [2014]
UNCANNY X-MEN #26 [2014]
UNCANNY X-MEN #25 [2014]
GUARDIANS OF THE GALAXY #1 [1990]
CABLE #73 [1999]
ORIGINAL SIN #7 [2014]
ORIGINAL SIN #6 [2014]
ALL-NEW X-MEN #30 [2014]
UNCANNY X-MEN #24 [2014]
ORIGINAL SIN #5 [2014]
ORIGINAL SIN #4 [2014]
ORIGINAL SIN #3 [2014]
X-FACTOR #42 [1989]
X-FACTOR #41 [1989]
UNCANNY X-MEN #23 [2014]
⇒続きはここをクリックして表示して下さい。
STEVE ROGERS Super Soldier ANNUAL #1
【2011/05/15 17:26】 アメコミレビュー
super_soldier_2011_1.jpg前回ブラスターに捕まったサイクとホープ。
ブラスターは彼らを人質にリード・リチャーズの
身柄を要求しますが、リードが都合上により
留守だったため、スティーブが大統領に
自ら志願してサイク達の救出に向かいます。
一方でネガティブゾーンを彷徨ってた
ネイモアは水分が全く無いので発狂状態に。
サイクとホープを救出して脱走していた
スティーブの前についにブラスターが登場します。
しかしスティーブが
「お前の企みもここまでだ!」
と格好良く宣言したところで。
突然発狂したネイモアが登場。
一撃でブラスターを倒してしまいます。
しかしネイモアは敵味方の区別すら
付かなくなってしまっている為、
スティーブ達とも戦う羽目になりました。
…ってのが全体のストーリー。

所々面白いんですよね。
何かサイクとスティーブが普通に仲いいし。
バイザー取られて目が開けられないサイクに
「バイザーとサングラス、どっちが欲しい?」
って聞くスティーブが可笑しかったです。
しかし今回の最大の見所はサイクとホープのやり取り。

「よし、片脚が外れたぞ。頑張れサマーズ!私がやらなければ誰が…」
super_soldier_2011_2.jpg


「あんた何やってんの?」
「ホープ!?解除できたのか…?」
「簡単よ。逃げるついでにあんたの間抜けな顔を見に来たわ。」
super_soldier_2011_3.jpg


「なら早く私も…」
「は?それがお願いする態度?」
「…お願いします。」
「違うでしょ?」
super_soldier_2011_4.jpg


「あなた様は私より全ての面で勝っております。どうかお願いいたします。」
super_soldier_2011_5.jpg

…サイク(笑)。
前回のサイクの得意げな顔を思い出せば思い出すほど、今回のサイクの屈辱的な顔が笑えます。
しかしホープさんの凄まじいまでの超ドSプレイ。…恐ろしい子。
この子は将来ジーンやエマをもはるかに越える女王様キャラになりそうです。


WORLD WAR HULK #3
【2011/05/14 02:03】 アメコミ原書翻訳
「予想通りです、ロス将軍。AVENGERSとFANTASTIC FOURが倒されました。」
双眼鏡で状況を確認しながら兵士の一人が将軍に報告しました。
「うむ。我々の出番だな。進軍開始。」
「イエッサー!」
しかし隣にいた兵士が将軍に異を唱えます。
「まだ一部の市民が残っているとの報告があります。
100名程が街に残り、ハルクをヒーローと称えているそうです。」
その言葉に将軍が静かに言いました。
「何も学ばん奴らよな。」
「…は?」
「数年ごとに同じ事を繰り返す。まだ前回の事を覚えておるわ。
あの時は確かハルクがUFOから地球を守ったのだったかな。
大統領がハルクに恩赦をお与えになった。
そこであの阿呆共は純正のアダマンチウムを10トンも使って、
あいつの彫像を建ておった。世界中が奴をヒーローだと称えたのだ。
しかしその数ヵ月後…奴はまた怪物に戻った。
奴はニューヨーク中を暴れ周り、
ドクター・ストレンジが抑えるまでに10億ドルの損害を出しおった。
民衆どもは奴に弁明の機会を与えた。そして儂も許した。」
そう言いながら将軍が指揮官用ヘリに乗り込みます。
「あいつはかつてブルース・バナーという男だった。
儂が知る中で最も聡明な科学者だ。そして儂の娘もあいつを愛しておった。
ハルクが愚行を犯しても、それはバナーの責任ではない。儂らはいつも言っていたよ。
アポカリプスが操っていた!
ドク・サムソンがついにハルクとバナーの分離に成功した!
またこんなことも言ったな。
彼が求めているのはただ一人になりたいだけなんだ!
そう。儂らは何度もあいつを許した。そしてどれだけの年月が経ったのだろうか。
儂の娘は死んだ。
そして奴は宇宙旅行から帰って来よった。宇宙人の仲間を引き連れてな。
その上、マンハッタンに勝手に避難勧告を出して、
この星の偉大なヒーロー共をブチ殺すとかのたまっとる。
自分の為に彫像を建ててくれた道化師共を殺すとな。
それでも君は儂に、馬鹿な民衆共があいつをヒーローだと褒め称えると報告するのか。
なるほど。ならば奴らに言ってやれ。
我々が新たに10トンのアダマンチウムを、お前達の英雄に寄贈するとな。
そしてそれを受け切れずに死に絶えるのを心から祈ってるとな!!」
⇒続きはここをクリックして表示して下さい。
WOLVERINE #8
【2011/05/09 22:22】 アメコミレビュー
woulverine_8.jpg前回サイクを見限ってウルヴァリンの
精神救助に向かったX-MENヒロインズ。
エマがウルヴァリンの心の中を
彷徨っているとそこには、
[SEXUAL FANTASIES(性的妄想)]
と書かれたドアが。
「見たら後悔するんでしょうね…」
と言いながら興味津々のエマさん。
ドアを恐る恐る開けてみると…
「いらっしゃい。汚いおチビちゃん。」
SMルームの中で、ミスティーク、エマ、
スクワールガール、スパイラル、ジェシカの
5人が下品な笑顔で笑いかけていました。

一方、ウルヴァリンの
現在の彼女のメリタは
[HOPES AND DREAMS(希望と夢)]
という部屋の前にいました。
少し開いたドアから声が漏れています。
「あなたを愛してるわ、ローガン。
私達は一緒にいるべきだっていつも思ってた。」
「ああ、俺もだぜ、ジーニー…」
その光景を見てしまったメリタは。
「見なかったことにしましょう。もう他のドアも触らないでおこう。」
と、その場を後にします。

挙句の果てにジュビリーの前には、少し開いた
[X-MEN I'VE HAD SEX WITH(今まで肉体関係を持ったX-MEN)]
のドアが。

酷いよぉ~。
性癖ばらされて、横恋慕引きずってるのをばらされて、おまけに職場の肉体関係ばらされるって…
っていうかウルヴァリンって専用の部屋を作るぐらいX-MENの女性陣と肉体関係持ってましたっけ?
ドミノぐらいしか思い出せませんでした。しかしこんな事されたらトラウマものだなぁ(泣)。

一応物語はウルヴァリンが心の中のジーンと一緒に悪魔を追い払って正気を取り戻すって展開なんですが、
さすがに凹んだウルヴァリンさん。少し旅に出るって言ってX-MENから出て行きます。
悪魔に乗っ取られた心の弱さを恥じたのか、それとも性癖がばれて気まずくなって出て行ったのか。
どっちなのかは彼だけの秘密ですが。

…っていうかローガンさん、超ドMだったんですね。どうりでよく自虐的な戦い方してると思った。
つい最近だとアーマーにわざと殴られてましたが、まさか…

WORLD WAR HULK #2
【2011/05/08 22:37】 アメコミ原書翻訳
ニューヨークの郊外。
「何てこった。
ハルクの野郎、アイアンマンを空き缶みたいに潰しちまいやがった。
あいつはもう…」
遠くで半壊していくアヴェンジャーズタワーを見ながら
廃墟ビルの屋上でアイアンフィストが呟きました。
「ドクター・ストレンジ。このビルに魔法で隠れるのはやめた方がよさそうだ。
ルークとスパイダーウーマンとスパイダーマンがあそこにいるが、
このままじゃハルクに殺されちまうだろう。そしたら、その次は…」
魔法で廃墟ビルと自分の部屋を繋げながらストレンジが答えました。
「ハルクは殺人鬼ではなかった。ダニー。」
「ああ。
だが彼の友人を自称する者達が彼を異星に追放し、そこで彼の妻を殺して、
挙句の果てに百万の民を滅ぼしたことで、考えが変わったんだろう。」
後ろにいたローニンがアイアンフィストに言います。
「ストレンジは何もしていない、アイアンフィスト。」
その言葉に、ストレンジが続けました。
「殺害に関してはな、ローニン。ダニーが正解だよ。
ブラックボルト、アイアンマン、リード・リチャーズ、そして私。
我々がハルクを宇宙に放り出したんだ。彼の身に降り掛かった災難は我々が原因だ。
だから彼が我々4人を責めるのは当然の事。ここからもう去ってくれ。
私は彼に投降する。それが唯一の道だ。」
⇒続きはここをクリックして表示して下さい。
UNCANNY X-MEN #536
【2011/05/06 00:00】 アメコミレビュー
uncanny_x-men_536-1.jpgとりあえずユートピア内へ
難民キャンプの許可を出したサイク。
誰も構ってくれないマグさんは、
これはチャンスとばかりにクルーンに話しかけます。
「私はマグニートーと言うのだが、
君が撃ったこの弾丸の素材を教えてくれないか?」
と初対面の会話とは思えない質問。
「私は科学者じゃないから仕組みは分からんが、
これをどう使うかなら教えられる。
武器も作れん戦士は戦士とは言えんからな。」
と言ってクルーンはユートピアの
研究室で精錬を行います。
金属の説明をしながら加工するクルーンを見ながら
マグさんはこれは凄い、これは凄いと感心するばかり。
「他に何か出来ないの?」
と興味津々に聞くマグさんに対し、
クルーンの動きが止まります。
「これじゃ少なすぎる。
もっと量があれば色々出来るのだが…」
そう言われたマグさんは、
「まだ合衆国全部を探せば、どこかに破片が落ちてるはず。
何たって私は磁界の帝王だからね。30分待ってて!」
と大興奮しながら、破片を探しに出て行きました。
…で。

「30分待ってて!」
uncanny_x-men_536-2.jpg


28分後
「こんなに集まったよ~!(^o^)」
uncanny_x-men_536-3.jpg


「馬鹿め!かかったな!!」
「ぐわぁぁ~っ!」
uncanny_x-men_536-4.jpg

と、クルーンの逆襲用の武器作りに加担させられましたとさ。


…マグさ~ん(泣)。あんた何やってんすか!?
この人こんなに間抜けな人だったっけ?
もう自分の事をマグニートーって呼ぶのをやめて、エリックって呼んでくれとか言ってたけど、
マグニートーの名前と一緒に威厳も捨てちゃったのかなぁ。
どう見ても、ただのコントなんですけど。
これじゃ磁界の帝王じゃなくて、ただの金属マニアだよ。

UNCANNY X-MEN #535
【2011/05/05 20:04】 アメコミレビュー
今回の話はかなり特殊です。
何が特殊かというと、他誌と一切絡まない事で有名な
ASTONISHING X-MEN誌の完全な続編だからです。
あまりにライターが遅筆のため他誌と連携がとれなくなり、
今では勝手にやってくれとばかりに他誌とのクロスオーバーもなく、
設定も多少矛盾が生じたりするASTONISHING X-MEN誌。
そこでかつて、UNSTOPPABLEというストーリーがありました。
簡単に説明しますと、ブレイクワールドという異星の住民(の一部)と
X-MENが喧嘩したという話で、最終的に衛星レベルの超巨大弾丸が地球目掛けて発射。
それをキティが全力を振り絞って非物質化するも、キティもそのまま弾丸の中に取り込まれたまま
地球をすり抜けてしまい、宇宙を放浪する事になってしまいました。
その後、UNCANNY X-MEN誌のNATION XというストーリーでX-MEN入りしたばかりの
マグニートーがその弾丸を操ってキティを救出。
何とか地球に帰ってきたものの、非物質化能力が制御できなくなり、
キティは現在、特殊な装置無しでは自分の体を維持することができないという状態です。
以上が、今回の前提になるストーリー。
ここまでを知らないと、意味がわからないと思うので。

uncanny_x-men_535.jpgキティ救出後、体力を使い果たして寝込むも
すぐにバスチオンが襲ってきてSecomd Comingに突入。
また無理して本土を防衛して寝込むも、
今度は若手の教育係に就かされて忙しかったマグさん。
やっと少し暇になったので、ネメシスの所に行きます。
「ネメシスさん、あの弾丸って結局何だったの?
あれから一ヶ月経ったけど調査進んでる?」
それに対しネメシス博士。
「私ぁ忙しいんだよ。そんなもん調べてる暇無いの!」
それを聞いたマグさん。サイクに文句を言いに行きます。
「他にも問題が山積みなんだけど、それ重要?」
しかしサイクも素っ気無い返事。
それにマグさんが猛抗議します。
「金属の中で人が一ヶ月間生き延びたんだぞ!?
あんな金属見たことも聞いたことも無い。
知らない金属がこの世に存在するなんて、
磁界の帝王の名が廃る!!」
と力説します。
そこにデンジャーが入ってきました。
何かと聞くと、エージェント・ブランドからの緊急通信。
またブレイクワールド関係の問題が起きたとの事でした。
で、宇宙に出てみたらブレイクワールドの宇宙船が。
完全武装で乗り込んだところ、敵がいきなり全員降伏。
かつてブレイクワールドのボスとして戦ったクルーンが
土下座してX-MENに言いました。
「難民になっちゃいました。助けて下さい。」

今回の話、かなり面白いと思います。
何が面白いってマグさん。何サイクに直訴しに行ってるの?
ネメシスにめっちゃ冷たくあしらわれてるし。
磁界の帝王なのに知らない金属があるのは嫌だって、そんな駄々こねられても…
左下のコマのサイクの呆れたような困ったような何とも言えない表情(笑)。

あとクルーンさん。
ASTONISHING誌で片腕を失くしましたが、確かあれってウルヴァリンに斬り落とされた様な…
コロッサスに、お前がもぎ取ったって文句言ってましたが。

これ、久しぶりにかなり期待しています。

WORLD WAR HULK #1
【2011/05/01 01:24】 アメコミ原書翻訳
これはハルクの物語。
あるモンスターがサカーという名の未開拓の星に落ちてきた。
しかしそこもまたモンスターの星であった。
モンスター達は彼を焼き、彼の力を吸い取ろうとした。
しかし彼は決して忘れなかった。…本当のモンスター達のことを。
彼をここに送った小さな人間共。
ドクター・ストレンジ
ミスター・ファンタスティック
アイアンマン
ブラックボルト
彼らが彼を宇宙に放り投げた。
彼らは自分達こそが彼らの住む世界を守ったのだと考えた。
彼らは彼が最終的に死んだと考えた。
しかし彼は生き残った。
何故なら彼は「グリーン・スカー」であり、世界の破壊者であり、怒りの眼なのだ。
彼こそはハルク。
…そして今、彼は故郷に向かっていた。

world_war_hulk_1-1.jpg
⇒続きはここをクリックして表示して下さい。



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。