rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DAYDREAMERS #1~#3
【2010/12/19 22:54】 アメコミレビュー
daydreamers-2.jpg古本屋でアメコミ漁ってたら1冊100円で
叩き売られてたので購入。しかし話の内容が
シュール過ぎて理解不能レベルに達しています。

一応この話の経緯を説明しますと、オンスロートという
教授とマグさんの精神が合体した最強レベルの化物との
激闘により、ミュータント以外の当時のヒーローは
ほぼ壊滅。FFも消滅して息子であるフランクリンが
取り残されます。そこでフランクリンの祖父である
ナサニエルは当時X-MENの若手育成組織であった
Generation Xが教育を受けている学園に、
彼を保護するために連れて行きます。

そこでフランクリンは学園の生徒である
アーティとリーチというミュータントと友達になり、
心の傷を癒していくのですが、ある日「リーゲル-3」
という星から宇宙人が不時着してきます。
地球に来た「タナ・ナイル」という宇宙人を匿う3人。
さらにそこにロス・アンジェルスからハワードダックという
しゃべるアヒルも来るのですが、このアヒルが
フランクリンが呼んだマン・シングという怪物の体内に異次元へのワープ機関があると推測。
フランクリンとアーティとリーチとタナを連れてマン・シングに体内に入ったら、
フランクリンの現実改変能力により摩訶不思議な世界に突入したという流れになっています。

上記のように前提からして結構無理があるのに、空想世界だというのでやりたい放題。
何なんだ、この髭面のシンデレラみたいな親父は。
自分のことをストレンジと名乗りますが、まさかあの魔術師の人がモデル…?
3巻全編通して、子供が読む絵本のような世界が続きます。
最後はフランクリンが「自分の痛み」と向き合い、父と母の死を受け入れ、成長して終わるという
無理やり爽やかな終わり方をしてますが、この数ヵ月後にFFも復活してますしねぇ。

…何がやりたかったのやら。相当の迷作と言っていいでしょう。

スポンサーサイト
X-23 #3
【2010/12/18 00:21】 アメコミレビュー
x-23-2010_3.jpg可愛らしいロリ時代のローラが見られるのはX-23誌だけ!

…ってのはまあ冗談ですがMARVELの作品って
結構回想シーンとかでメインの作画とは
別の人が担当したりするんですよね。
そしてこの作品では幼少時の作画を
タケダサナという日本人の方が担当されております。
とても綺麗な絵柄が特徴で、
最近はMARVELの色々な作品で
その絵を見かけるので、
知ってる方もいるかもしれませんね。

ストーリーとしては、
色々あってユートピアを出る事にしたX-23を
港からシニスターが不敵な笑顔で
見つめるシーンで終わるというもの。
…出生に秘密がありそうなキャラは大概、
教授かアポカリプスかシニスターが
関係してる気がするのは私だけでしょうか。

しかしローラは母親似でよかったなぁ。
クローン元であるウルヴァリンに似てたら
ダケンの女版みたいな顔になってたのかも。

DOUBLE EDGE OMEGA
【2010/12/15 23:53】 アメコミレビュー
double_edge.jpgこの前紹介したデアデビルのコスチュームが
気に入ったので古本屋で必死に探してたら
見つけたのがこれ。普通のレーベルと違う
「MARVEL EDGE」の名がキラリと輝く
特殊フォイル加工表紙のこの作品、
残念ながら1年で企画倒れしたマニアックなレーベルです。
ちょっと調べたら、このDOUBLE EDGE以外にも
CUTTING EDGEとOVER THE EDGEという作品が
あるそうですが、一体どこを探せば見つかるのか。
…っていうか日本に現存してるんでしょうか。

ストーリーは、S.H.I.E.L.D.内部の権力争いで、
反フューリー派が彼を失脚させたい為に
パニッシャーを利用して彼を殺そうと計画。
憎しみを利用され、フューリーを付けねらう
パニッシャーとそれを防ごうとするサムソンや、
ゴーストライダー、そしてデアデビルが必死に
彼を追いかけるという内容です。
まあ最後は残念ながら画像の様な展開に
なってしまいましたが…


フューリーもパニッシャーもゴーストライダーも普段私が読んでる作品には
あまり出てこないので何だかすごく不思議な感じ。
でも冷静に考えると、出て来る奴らが全員、考えるよりも先に手を出しそうな肉体派しかいません。
この中で弁護士のデアデビルさんはもう少しいい活躍が出来た気もするのですが…
まあこの時は見ての通り、鎧の様なコスチュームなのでデアデビルさんも肉体派だったのでしょう。

MARVEL HOLIDAY MAGAZINE 2010
【2010/12/14 22:37】 アメコミレビュー
marvel_holiday_magazine_201.jpgI AM
SANTA
DOOM !


…って何言ってるんだ、この鉄仮面。
後ろのふざけた顔したトナカイ達も爆笑しています。

実はストーリーとしては、
クリスマスの夜にラトベリアに訪れたサンタに頼まれて、
彼の代わりにドゥームがプレゼントを配りに行くも、
キャップ達に見つかりその場で大喧嘩に。
しかしそこに現れた女の子が「何故ヒーローが
サンタさんをいじめてるの?」と言うので
皆で仲良くプレゼントを配るという展開。
最後に本物のサンタさんからプレゼントとして
ぬいぐるみをもらって嬉しそうに微笑む
ドゥームさんで終わりというMARVEL全作品屈指の
心温まる話だったりします。

最後の笑顔のドゥームさんは必見。
しかしこの人、クリスマスには自室にツリー飾ったりとやる事が可愛いなぁ。
MARVELを代表するヴィランでありながらヒーローが団結して超強敵と戦うときは
ヒーロー側について知恵を出すし、宿敵であるFFに子供が生まれるときには
立ち会って生まれた子の名付け親になったりしてるし。

ちなみに今回紹介したこの作品はクリスマスの話をまとめた
MARVEL HOLIDAY MAGAZINE 2010に収録されてますが、
原作は1991年に出版された「What The ?! #10」誌です。入手は超困難ですが、探してみては。

X-MEN LEGACY #242
【2010/12/13 22:29】 アメコミレビュー
x-men_legacy_242.jpgマグさんとローグが仲良く若手を指導する
(と私が勝手に認識している)LEGACY誌ですが、
今回は生まれた時から荒廃しきった未来で
戦争と破壊だけを見てきたホープに、
この世界で平和と再生を見せてあげようという
サイクの指示で、彼女に工事現場体験を
させるためにマグさんとローグが派遣される話です。
(冗談みたいな話ですが本気でやってます)

現場長から設計図をもらって的確にメンバーに
指示を出そうとするマグさんがかなりシュール。
あのヘルメットで工事現場の監督をやるとは…
まあ普通の安全ヘルメットより頑丈だから
問題ないといえば問題はないのですが…

ちなみに各作業担当は
サイロック、ヘリオンのテレキネシス組が解体。
カリマ、デンジャーの機械組が掘削。
磁力を操るマグさんと、
体力自慢のコロッサス、ランダムが建築。
と、なかなかの配置。

まあストーリーとしては何故か最後にカリマが暴走して、ホープを襲い出してどうなる次号!?
みたいな展開で終る訳ですが、このシュールな絵のマグさんを見るだけでも価値がある作品ですね(笑)。


X-MEN #5
【2010/12/12 19:45】 アメコミ原書翻訳
CURSE OF THE MUTANTS #5

エクサラスが中央でモニターを見つめる司令室にジュビリーが入ってきました。
「ちょうど今から開幕するところだ。よい時に来たな。ここは正に特等席よ。」
「あの毛むくじゃらの主演男優の活躍を目に焼き付けられるって事ね。」
二人の会話を聞いて、司令室にいた吸血鬼が口を開きます。
「リゲートの報告ではクリーガーの上陸艇が準備を完了したとのことです、ロード・エクサラス。
そしてチャニプトゥラの部隊は空を覆いつくしています。今その光景を映像に出しましょう。」
大型スクリーンにユートピア上空を埋め尽くす吸血鬼の群れが映し出されました。
「これは歴史的な光景だ。
かつてのアレクサンダー大帝の様な征服者達もこの様な感覚を味わっていたのであろうな。」
「どういった感覚なの?」
「誇りだ、ジュビリーよ。…勝利と誇りだ。」
⇒続きはここをクリックして表示して下さい。



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。