rise from dilapidation !!

プロフィール ×

rise

  • Author:rise
  • X-MENのリーダーである
    サイクロップスが大好きな
    アメコミファン。
    あと弾幕STGも好きです。

最近の記事 ×

最近のコメント ×

カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MESSHIAH WAR
【2009/11/30 23:12】 アメコミレビュー
導入話と、X-FORCE誌#14-#16、CABLE誌#13-#15の全7話で構成される
MESSIAH COMPLEXに続くMESSIAサーガの第2章。
MESSIAH COMPLEXでミュータントの
運命を担う少女"ホープ"を連れ
未来へと逃げたケーブル。
彼女の命を狙い、
それを追いかけるビショップ。
そしてそれを防ぐため、
サイクロップスによって未来に
送り込まれるX-FORCE。
今、ミュータントの存在を掛けた
熾烈な死闘が未来で幕を開ける…
って感じのストーリーなんですが、
実際に読んでみると何のことはない
いつものケーブルと愉快な仲間たちの
仲良し喧嘩騒動。
だってメインの登場人物が
ケーブル、ウルヴァリン、デッドプール、
ドミノ、ビショップ、ストライフ、
アポカリプス、アークエンジェル。
明らかにケーブルのお友達ばかりじゃん…
このメンバー、ニューミュータンツの頃から
喧嘩してないか?
ビショップが敵に回ってなかったら
そのまま同じ話が90年代にもあった気がするぞ。

そういえば2年前にMESSIAH COMPLEX全話の本気全訳レビューに
取り組んだけど挫折して6話ぐらいで諦めたままだったような…
1年ぐらい掛けて、あれの続きをまた最終話までやりたいですね。
(90%以上無理だけど)

スポンサーサイト
X-MEN and SPIDER-MAN
【2009/11/27 00:13】 アメコミレビュー
x-men_and_spider-man_3.jpgX-MENとスパイダーマンが共闘して、
クレイブン、そしてその裏で暗躍する
シニスターと何年にも渡って戦う
ストーリーを全4話にまとめたミニシリーズ。
1話はまだ初代X-MENの時代で、
4話は最近(といってもMESSIAH COMPLEX以前)の
時代と、十数年前にワイルドストーム社との
クロスオーバーで展開された
WILDCATS/X-MEN誌を思い出させる構成です。
1話・2話の始まり方が"MANY YEARS AGO"で
3話の始まりが"FEW YEARS AGO"、
そして4話の冒頭は"RECENTRY"と
なっているあたり細かいなと。
さすがに2話の頃(サイクがX-MENではなく
X-FACTORを組織していた頃)の話は、
私も現役でコミックスを買っていた訳ではない
ので、むしろ一番懐かしいのは3話の時代。
この頃はカプコンが格闘ゲームを出したり、
小学館が日本語訳版を発売したりと
日本でX-MENのファンが一気に増えた時代でした。
その頃のファンには懐かしい、
青と黄色のコスチュームを着たサイクが登場です。
ちなみに教授を盲信していた頃でもありますね。
アメコミを読み出した時期によって人それぞれの懐かしい頃があるかと思いますが、
アメコミはこうやって時々昔の話を今の絵柄で書いてくれるので、
懐かしいあの時代の話を最新作で読めるのがまた魅力の一つかなと再認識させてくれます。

ULTIMATUM
【2009/11/24 00:00】 アメコミレビュー
もう何回説明したかわかりませんが、事前知識として復習を。
MARVELのコミックスの歴史は何十年も続くので、
新規ファンに過去の話を伏線にしたストーリーを見せても理解ができません。
そこでMARVEL社は2000年(うろ覚え)に全てを一新して全く新しい世界を作るとして
現在のMARVELの世界のパラレルワールドとしてULTIMATEという世界観を構築。
MARVELでも有名なX-MENやスパイダーマン、FANTASTIC FOURにAVENGERSといった
ヒーロー達のリメイクを行いました。

そして2009年。
ULTIMATE世界最大のクロスオーバー作品が発表されました。
それこそが賛否両論、衝撃爆裂の巨編"ULTIMATUM"です。
終盤付近の画像を載せました。これを見てどう思いますか。

マグニートーを相手にヒーローが結集して最終決戦を行う。
そう考えた人は………はい、正解です。
いつも通りじゃん!そんなの毎回やってるだろ!!むしろ見飽きたわ!!!!
そう思われた方、この作品は一味違います。っていうか違いすぎます。
以下、超ネタバレで、読むと凹みますので、未読の方は先に購入をお勧めします。
それでも読みたい方はどうぞ。

ではネタバレ。何が今までと違うのかといいますと、ヒーローが片っ端から死にます。
それはもう大粛清。死体の嵐。
雑魚キャラならまだしもメインキャラがガンガン死んでいきます。
それでは以下に死亡確認者を列挙していきますか。

アントマン(Ultimates)【爆死】
ワスプ(Ultimates)【捕食】
ヒューマントーチ(Fantastic Four)【溺死】
プロフェッサーX(X-MEN) 【頚椎骨折】
ダズラー(X-MEN) 【溺死】
ビースト(X-MEN) 【溺死】
ナイトクローラー(X-MEN) 【溺死】
エンジェル(X-MEN) 【刺殺】
ウルヴァリン(X-MEN) 【粉砕】
サイクロップス(X-MEN) 【銃殺】
スパイダーマン【爆死】
ドクター・ストレンジ【圧死】
マグニートー【頭部粉砕】
ドクター・ドゥーム【頭部粉砕】
ブロブ【首切断】

死亡理由が多岐に渡ってるのが酷い。
っていうかサイクも死んでますしね。
今までだと死んでもクローンだとか実は死んでなかったとか
色々理由をつけて復活してましたけど今回はそんな処置をする気もなし。
何がしたいのか。特にX-MEN連中は冒頭でマグニートーが地軸をずらして
世界中に大洪水を起こすんですが、そこで何もせずに3人溺死とかやり過ぎ…。
リメイク世界をさらにリセットでもしたかったんでしょうか。
死体描写もやけにリアルでドクター・ストレンジの圧死はちょっとひきます。
結局マグニートー自体も最後にサイクに頭吹き飛ばされて死んじゃうし。
どうなっちゃうんだろ、ULTIMATEの世界は…

UNCANNYX-MEN #516
【2009/11/23 18:07】 アメコミ原書翻訳
X-MENが何らかの転換期を迎えると必ずお祝いにやって来るマグニートーさん。
今回も磁力に関係なさそうな謎の赤いオーラをバチバチ放ちながら颯爽と登場です。
「我が介入を許してくれたまえ。
君達の式典を邪魔するのが目的ではない事を先に述べておこう。
幾多の苦難を経て、わざわざここに訪れたのだ。」
この登場に噛みついたのが、最近サイクにいじめられまくってる教授。
やっぱり長年の宿敵相手にサイクより先に言葉が出てしまったのでしょう。
「君の登場は常に最悪のタイミングだな。今回は何が目的なんだ?」
「はっきり言おう。君と会話する気は毛頭ない。チャールズ。
私はスコットと話をしに来たのだ」
サイクどころか、ついにマグさんにまで無視られた~っ!
そしてこのタイミングで、少し離れたところにいたサイクがようやく到着。
「X-MEN!対マグニート戦術に移行して展開しろ!!」
⇒続きはここをクリックして表示して下さい。
UNCANNY X-MEN #515
【2009/11/20 01:02】 アメコミ原書翻訳
uncanny_x-men_515-1.jpgユートピアで行われているトップ会談。
メンバーはサイク、エマ、ストーム、アイスマン、
ビースト、ネイモア(ユートピア編から仲間入り)、
そして教授です。
「みんな、問題は山積だ。
何でもいいから気になった事を教えてくれ。
まず必要なのは水だ。
ボビーの作る氷を溶かして活用しよう。
ストームは雨を降らせてくれ。」
「ちょっと待て。ここは一体何の施設なんだ?」
サイクの口上にネイモアが口を挟みます。
「お前が避難民を匿ってるこの浮島が
生活居住区になるって?
ここは避難キャンプか?特別保護区か?
ホテルか?要塞か?
独立主権国家か?一体何なんだ?」
「もしくは…牢屋だな」
ビーストがさらに皮肉を付け足します。
「ハンク、正直言って私にも分からないんだ。
私達が今どんな存在で、
外部からどう思われているのかも」
「わからないだと?」
「ああ…」
とまあ新政権発足最初から不甲斐ない、
いつも通りのサイク。
⇒続きはここをクリックして表示して下さい。
ここ2年間のX-MENについて
【2009/11/18 00:06】 アメコミ原書翻訳
前回の更新から2年が経過してしまいましたが、
その間にX-MENには激変ともいえる変化が起こっていました。
そこでこのブログを再開するに当たり、この2年間の彼らのストーリーをまとめておきます。
⇒続きはここをクリックして表示して下さい。



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログ内検索 ×

twitter ×

リンク ×

RSSフィード ×

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。